大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 残業が少ない大学病院の薬剤師求人

残業が少ない大学病院の薬剤師求人

薬剤師の仕事は、どの業界でも仕事が忙しく、残業や休日出勤が多いという面があります。病院勤務の薬剤師も例外ではなく、きついシフトになりがちです。特に、病棟勤務や救急部門の薬剤師は、患者さんの事情によって勤務時間が不規則に変化することは日常茶飯事と言ってよいくらいですので、ある程度の激務は覚悟しておく必要があります。もちろん、この傾向は大学病院でも見られるもので、特に医療現場に出る薬剤師は、残業が日常的になっているという事情もあります。

しかし、ストレスなく仕事を続けていくためにも、また長く同じ仕事で頑張り続けていくためにも、ある程度余裕のある勤務スタイルを確保することは重要です。それで、勤務状況が他の職場よりも厳しい傾向にある大学病院でも、残業を少なくして一人一人の薬剤師が、順調にシフトを回していける職場環境を作るよう努力しているところも増えています。また、より優秀な人材を集めるべく、残業少なめという条件を前面に出して求人を出すというケースも増えてきています。それで、じっくりと大学病院の薬剤師求人を探していけば、残業が少ない勤務体制を保っているところを見つけることができるでしょう。

病棟勤務や救急系の職場だと、やはり勤務時間や休日が不規則になる傾向が強いので、どうしても残業少なめという条件で求人を見つけるのは難しいでしょう。しかし、研究関連の部門であったり、新薬の臨床試験をメインとしている部門であれば、比較的勤務時間の余裕が取りやすいという事情がありますので、残業が少なめという条件で働くことができるでしょう。また、同じ医療現場の薬剤師求人でも、直接患者さんのケアや投薬管理を行う部署よりも、調剤をメインとして業務を行っている部署であれば、より勤務時間が安定しているという傾向が見られます。

このように、同じ大学病院の中でも、部署によって勤務体系が異なるという事情がありますので、自分の進みたい方向を考えつつも、勤務条件の良い部門をチェックすると良いでしょう。また、病院規模と薬剤師の常駐数を確認することも、残業少なめという勤務条件を探すために役立ちます。残業が多くなってしまう原因としては、働くスタッフの数が少ないため、どうしてもシフトを埋めるために残業をしなくてはならないという事情があります。十分な数のスタッフが揃っていれば、それだけ余裕のあるシフトを作ることができますので、必然的に残業も少なくなるのです。