大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師のやりがい

大学病院の薬剤師のやりがい

今、この時代にはたくさんの仕事があります。それぞれの仕事にはやりがいがあり、そのやりがいを求めて、人はその職種で働こうと考えます。これは薬剤師でも同様のことが言えます。薬の調剤に携わることで、患者さんの容態が少しでも良くなるように手伝いたいなど、これも立派な働く理由の一つであり、実際にそれを感じることが出来ると、よりやりがいを感じることが出来るでしょう。では、大学病院という場所に絞った場合はどうでしょうか。

まず大学病院は普通の薬局やドラッグストアとは異なります。チームとして患者さんに関わることが多くなります。医師や看護師などと相談しながら、患者さんの状態が良くなる方法を、薬剤師の立場から追求していく。実際に患者さんの容態が良くなれば、自分一人だけでなくチームとして喜びを分かち合える、これは調剤薬局やドラッグストアでは到底体験できないようなやりがいです。

また患者さんだけでなく、患者さんのご家族とも関わることが出来ます。皆患者さんのことを考えて、様々な検討をした結果、患者さんの容態が回復し、病気が完治したり、退院できたりした時の嬉しさは大きな物がありますし、何と言っても患者さんやそのご家族から感謝の言葉を頂けたときは、その喜びは計り知れないものであると言われています。それが大きなやりがいとなって、また薬剤師の仕事を頑張ろうとおっしゃる方が多くいらっしゃいます。

実際に大学病院で働く方の声を聞くと、患者さんだけでなく、医師や看護師に貢献できたときもやりがいを感じるとおっしゃっています。また薬の処方で迷った時に、医師と相談して、その指示に従ったり、こうした方が良いと思って、医師に提案したりすることもできます。そのようなやり取りで、実際にチームプレーをしているという実感が得られるということもやりがいであると言われています。

終末期の患者さんと関われることもやりがいであるとおっしゃる方もいらっしゃいます。その方は、終末期の苦しい状態にある患者さんに薬を投与し、徐々に苦しみや痛みから解放されて行く状況を見ることで、役立てたなというやりがいを感じることが出来るそうです。また日々の勉強した知識を基に、人の役に立てたときも大きなやりがいを感じることができるとおっしゃいます。大学病院で働くということは、他の職場では体験できないしかし大変なことがたくさんあります。大変さがあるからこそ、乗り越えた時に大きなやりがいを感じられることが多いそうです。