大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 山口大学医学部附属病院の薬剤師求人

山口大学医学部附属病院の薬剤師求人

山口大学医学部附属病院は、山口県の医療の中核を担う病院であり、全国の国立大学病院で初めて高度救命救急センターが設置された病院でもあります。山口県内で、高度医療を行う病院としてはまっさきに名前が上がる病院であり、住民からも厚い信頼を寄せられています。

薬剤師も多数働いている山口大学医学部附属病院ですが、求人はあまり頻繁に行っておらず、随時受付、というわけではありません。病院のホームページには、採用情報のページもあり、看護師や臨床検査技師など、その時に求人を行っているさまざまな職種の求人が掲載されています。薬剤師も求人がある場合はそこに掲載されるので、こまめにチェックしておいた方が良いでしょう。大学病院ということで人気は高いので、求人が出たらすぐに決まってしまう可能性もあります。

また、薬剤師としては求人がなくても、臨床研究コーディネーター(CRC)などで、薬剤師も含めて求人を行っている場合もあります。臨床研究コーディネーターとは、治験を行う際のスケジュール調製や、治験者への説明、データのチェック、報告書の作成などを行う仕事です。薬剤師の資格がないと出来ない仕事ではありませんが、山口大学医学部附属病院では、薬剤師・看護師・臨床検査技師・臨床心理士のいずれかお資格を持っているか、資格取得見込み者であることが応募の条件です。治験ということで薬剤師の知識や経験を活かせる仕事であり新薬開発の役に立つ仕事としてやりがいも十分ですから、チェレンジしてみるのもよいでしょう。こちらも3年の任期付常勤職員ですが、任期満了時の成績によっては任期無しの常勤職員への移行が可能です。

山口大学医学部附属病院でも、薬剤師採用の場合には任期付の常勤という形が多くなります。これは、長めの試用期間といった感じですが、大学病院にはよくあることで、その後に常勤に変更になることも多いです。大学病院の場合、はじめから任期付でないところを探そうとすると、なかなか見つからないケースも多いので、そこはあまり気にせずにチャレンジしたほうがよいでしょう。たとえ本当に3年で任期が切れてしまっても、大学病院で研修や勉強を重ねながら勤務した3年間は、その後の勤務先でも必ず役に立つはずです。山口大学医学部附属病院は常時求人を行っているわけではないので、見つけるのも困難な面はありますが、こまめに情報をチェックして、求人情報を見つけたらすぐに対応できるようにしておきましょう。