大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師と夜勤

大学病院の薬剤師と夜勤

病院での薬剤師としての勤務で、事前に聞いておきたいことの一つとして、夜勤はあるのか、ということがよく挙がります。病院での勤務はとてもやりがいがあるので、人気がある職場ですが、勤務体制などで厳しい条件があるとちゅうちょしてします人も。では、大学病院のケースはどうなのでしょうか。

基本的に一般の病院勤務の薬剤師は、夜勤や当直があることが多くなっています。夜間でも救急対応の必要がありますし、デリケートな患者さんのケアなどでは薬剤師の働きが必要になることも多いからです。しかし、大学病院に関しては、それぞれの病院によって異なり、まちまちです。というのも、大学病院における薬剤師の役割が個々ある程度分かれていますので、その果たすメインの業務内容によって、勤務シフトも変わるからです。

いわゆる病院薬剤師として、患者さんの診察、治療、予後管理などをメインにして働くところでは、通常の病院と同じように、夜間勤務や当直が入ってきます。24時間体制であたるため、日勤・準夜勤・夜勤という3交代のシステムで入るところが多く見られます。もしくは、日勤と準夜勤のみで、夜間はアルバイトなどにお願いするケースもあるため、求人内容に24時間体制の勤務と記載されていても、実際の勤務がどうであるかを確認してみるのが賢明でしょう。夜間勤務があったとしても、看護師や救急の医師ほど業務が多いわけではなく、デリケートな管理が必要は患者さんのケアや、緊急の場合に対応するために常駐している、というパターンの方が多くなります。

病院に勤務しているものの、研究開発の分野をメインにしているという薬剤師なら、夜間勤務が求められるのは少数派と言えます。もちろん、臨床の現場にも携わるため、患者さんと接することになりますが、緊急性の高い治療に重点が置かれているのでなければ、日勤の仕事のみで勤務を行っていくことができます。比較的、勤務時間は一定のペースで残業などもないことが多いので、時間にゆとりを持って仕事をしたい、という人には向いている職場と言えるでしょう。

このように、大学病院で働く薬剤師の夜間の勤務に関する事情は、その働く部署によって異なると言えます。患者さんの治療をメインにしている業務であれば、当直もありますので、就職活動を行う際には、実際に自分の夜勤に入るようになるのかをしっかりと確認しておくことをお勧めします。また、夜シフトがあるにしても、固定シフトでかなり定期的に入るのか、月に数日当直を行うだけか、など勤務体制のシステムを確認することも忘れないようにしましょう。