大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師の当直

大学病院の薬剤師の当直

大学病院に勤務する薬剤師の場合、夜勤や当直がある職場が多くなります。具体的にどのような特徴があるのでしょうか。まず、夜勤と当直の違いから説明しましょう。

夜勤というのは、文字通り夜間に勤務することです。大学病院の場合、日勤と夜勤の2交替制、日勤・準夜勤・深夜勤の3交替制など、スタッフは交替制で働いています。入院している患者さんも多いため、昼夜問わず薬剤師の仕事は発生してきます。

一方、当直というのは、夜間の緊急時に対応するためのものです。基本的に仕事はしませんので、睡眠などをとりながら過ごします。何かあった場合のみ、すぐに対応できるように待機しているというのが当直の仕事になります。

交代制勤務では、日勤や夜勤、当直などのシフト制で働くことになります。入院患者さんの調剤や投薬指導などを行うのは昼間だけではありません。また、夜間に急変した患者さんヘの対応も大切な仕事です。病棟での仕事が主な場合は、夜勤や当直があるケースが多いでしょう。

もちろん、すべての大学病院の薬剤師が交替制勤務というわけではありません。病棟勤務でも、交替制と日勤のみの両方の働き方を用意しているところもあります。また、薬剤師でも研究分野の仕事を主に手掛ける場合は、日勤だけの勤務になることがほとんどです。つまり、勤務のシフトは病院によって異なりますし、いろいろな働き方を用意している病院もあります。「当直や夜勤は避けたい」とか「夜勤のある職場がいい」などの希望がある場合は、勤務時間やシフトについて事前にチェックしておくといいでしょう。

では、当直や夜勤がある職場で働く場合、どのようなことに気をつける必要があるでしょうか。これまでも交代制で働いたことがある人ならわかると思いますが、夜間の勤務というのは体力のいる仕事です。日勤や夜勤のある仕事をしていると、どうしても生活が不規則になってしまい、なかなか寝付けなかったり睡眠不足になることが多いです。また、休息をとったとしても、不規則な生活が続くと身体に疲労がたまってしまいます。ですから、体力に自信のない人はできるだけ交代制勤務は避けたほうがいいでしょう。

大学病院の薬剤師の仕事は、やりがいが大きく充実度が高いものです。しかし、体調を崩して長続きしないようでは、自分もつらいですし職場にも迷惑をかけてしまいます。職場に長く勤めるためにも、どのような勤務体制なのか、続けられる仕事なのかなどをよく検討しておく必要があります。