大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 筑波大学附属病院の薬剤師求人

筑波大学附属病院の薬剤師求人

茨城県のつくば市にある大学と言えば、誰もがイメージする大学があります。それは筑波大学。この大学に附属している病院は筑波大学附属病院と呼ばれ、地域の医療に貢献しています。では、その筑波大学附属病院の薬剤師求人はどのようなものになっているのでしょうか。

2013年9月現在、筑波大学附属病院では、薬剤師の求人を非常勤職員として募集しています。その募集要項は、採用人数は若干名、応募資格は薬剤師免許を有する者となっています。業務内容は調剤業務など、応募書類は履歴書と薬剤師免許証の写しが必要となっています。任期は採用日から年度末まで更新が可能、勤務時間は3〜5時間です。勤務日は週3日〜5日の平日。休日は、土日祝日年末年始です。時給は経験によって変わり4年制卒であれば1,080円〜1,560円、6年制卒であれば1,220円〜1,670円となっています。通勤や超過勤務などに手当がつき、有給もあります。社会保険等各種保険は完備されています。

薬剤部の主な業務内容は、調剤を始め、薬剤管理指導、医薬品管理、製剤、薬物の濃度測定や医薬品情報、薬剤師レジデント精度などです。調剤は、薬に関する指示書に基づいて調剤を実施。この際、薬の飲み方・用量に問題がないかを確認しています。薬剤管理指導については、入院患者をメインに薬の説明を実施。薬が正しく処方されているか、副作用や注射薬が適正に投与されているかなども確認します。医薬品管理は、品質の良い薬を提供する為に、清潔な環境の維持に努めています。調剤は、市販されていない薬の調製のこと。個々の患者さんに合わせた薬を作っています。薬物血中濃度測定は、患者さんの薬の血中濃度を測定し、今後の医療薬の調整を行ないます。医薬品情報は、薬に必要な情報の収集を行ない、それを医師・看護師に提供する業務です。

筑波大学附属病院の特徴的な業務として、薬剤師レジデント制度があります。レジデント制度とは、薬剤師の教育に寄与するため、かつ授業料の負担をなくすために実施された制度で、簡潔に言うと、業務を遂行しながら薬剤師としての教育を受けることが出来る制度のことです。その概要は、薬剤師の基本業務の修得と、医療チームへの参画を通し、薬物療法の専門性を高めることを目的とした教育プログラムのこと。2年間の研修であり、1年目は一般薬剤業務について、2年目は専門研修を行ないます。専門内容としては、がん薬物利用や緩和ケアなどです。