大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 帝京大学病院の薬剤師求人

帝京大学病院の薬剤師求人

■帝京大学病院の求人を見つけるには?非公開求人をいち早く見つけられる方法とは?

薬剤師の求人には、まだ市場に出ていない非公開求人というものがあります。
この非公開求人は、ご自身が単独で探しても見つからないもので、人材が集まる転職サイトがエージェントとして仲介をしていることが多いのです。
以下で紹介する帝京大学病院のような大手大学病院に勤めたいという、高い志を持った方は、転職サイトをうまく活用するのが転職成功の近道です。

■帝京大学病院の特徴

帝京大学病院(正式には帝京大学医学部附属病院)は、東京都板橋区にある特定機能病院に認定された大学病院です。
がん診療の連携拠点であり、エイズ治療の拠点病院として、貢献しています。
許可病床数は1150以上、臨床研修指定病院にも認定されていて、新しい人材の発掘・育成に力を入れています。

■帝京大学病院での業務@研修教育にも力を入れている実践教育の場

帝京大学病院では、薬剤師の実務実習研修をおこなっています。
人材育成は、初期臨床研修医をはじめ、後期臨床研修医募集制度など。
臨床医および高度医療に精通した薬剤師の育成に力を入れ、実践の場に対応できる医療スタッフを集めています。
また、薬剤師のパート募集もおこなっている場合があり、最初の取り掛かりとして求人に応募してみるのもありでしょう。

■帝京大学病院での業務Aがん治療で他分野の医療スタッフと連携

帝京大学病院では、調剤業務や薬品管理業務以外にも、患者様のがんの通院治療を実現すべく外来化学療法室を設けています。
ここでは腫瘍内科医師と連携して、認定薬剤師が常勤で治療にあたっています。
治験実績も豊富で、治験コーディネーターの資格を持っていると転職の際、非常に有利です。

■帝京大学病院が求める人材像を知るには?

帝京大学病院では、薬剤師による薬剤情報管理業務というものがあります。
この業務は、患者様が服用しているお薬の情報を、他の医療スタッフと共有して、安全な薬物療法を実現する重要な業務です。
患者様との対話をおこない、飲み方の指導や、副作用が発症していないかどうかの確認など、今後の治療方針にかかわる重要な役割を担っています。
このように、薬剤の知識や業務技術だけではなく、コミュニケーション能力が問われるのも、今後の薬剤師としての姿です。
大学病院薬剤師として転職先を探すなら、そういった大学病院が求める人材像を、予め把握しておく必要があります。
それには、転職を徹底してサポートしてくれる、薬剤師専門の転職支援サイトを利用するのがお勧め!
薬剤師専門転職支援サイトには、専門のキャリアアドバイザーがいて、求める求人募集先の情報を詳しく提供してくれます。