大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 手取りが高い大学病院の薬剤師求人

手取りが高い大学病院の薬剤師求人

薬剤師が活躍できる職場はたくさんありますが、中でも大学病院という場は、薬剤師のキャリアを向上させるのに理想的な環境とも言えるでしょう。最新の設備と技術が揃っている上に、一般の病院では見ることがほとんどないような珍しい症例の患者さんのケアをすることができます。また、医師や看護師を始めとする医療スタッフのレベルも高いので、強い刺激を受けることができるのもメリットとなっています。

その反面、給料などの待遇面では、一般の病院勤務やドラッグストア、製薬会社に勤める薬剤師に比べると条件が落ちてしまうという現実があります。全国規模の企業に勤めると、初任給で30万円を超える給料をもらえることがあるのに対して、大学病院では20万円程度の初任給となっています。というのも、大学病院における給料の基準は、公務員の基準が適用されるからです。大学病院は国立病院という扱いになりますので、民間企業のようにそれぞれの病院が、経営実績に応じて給料を決めるということがなされず、全国一定の基準が当てはめられるのです。それで、全国どこの大学病院でも、給料の基準は基本的に一緒で、手取りも同じ額となります。

もちろん、昇給が勤務年数や年齢に応じて行われますので、長く働き続けることでより高い手取りを受け取れることになります。また、大学病院がある自治体によっては、助成金や特別手当が支給されることもありますので、若干の差が出ることもあります。とはいえ、その金額差はわずかなものですので、さほど大きな影響を与えるものとはならないでしょう。基本的に、全国どこでも大学病院の薬剤師は、同じ手取りとなっていると考えて良いでしょう。

もらう手取りの差が出てくるところと言えば、各種手当の適用ということになります。基本給はどこも変わりませんが、住居手当や養育手当などが加算されることで、さらに手取りがアップすることになります。また、夜勤手当がしっかりと付きますので、病棟勤務などで夜勤が多い現場であれば、当然手当が多くついて結果的に手取りが増えます。また、手取りが物理的に増えるということではありませんが、大学病院が所有する寮に住んだり、食事の補助を受けることができれば、支出がぐんと減って、トータルで貯められるお金が多くなります。公務員という立場から、給料が一律に定められている大学病院では、こうした制度を上手に利用して、しっかりとお金を稼げるようにすることが重要です。