大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 昇給しやすい大学病院の薬剤師求人

昇給しやすい大学病院の薬剤師求人

薬剤師の雇用条件は、勤める場所によって大きく異なります。収入や気軽に働ける環境だけを見ればドラッグストアが一番条件としては良いのですが、大学病院を始めとする国立病院の薬剤師求人にはいつも人気が集まっています。その理由は、やはりやりがいのある仕事ができるということと、薬剤師としてのスキルを伸ばすのに最高の環境が整っているということでしょう。

やりがいがある職場であっても、やはり給与などの雇用条件に目を留めて働き口を探すのはとても重要なことです。自分が持っているスキルや経験、能力などに見合った評価は給与によってなされるという面もありますので、ある程度しっかりとした条件のところで働くことには意味があります。その点、大学病院は一般的な病院と同じくらいの給料が設定されています。薬剤師としての業界全体で考えてみると、低めの基準とも言えるでしょう。しかし、大学病院の薬剤師には、昇給が安定して適用されるというメリットがあります。大学病院に務めるということは、公務員に近い形での雇用となりますので、給料の安定性、昇給の良さという点では、民間の企業よりも優れています。大学病院は、初任給こそ20万円程度と、低い額になっていますが、何年も勤務を続けていくと、高い昇給基準によってそれなりの収入を得られるようになります。

民間企業の場合は、その年の業績によって昇給が変化することがありますし、場合によってはボーナス額のカットなどによって、昇給分が相殺されてしまうことがあります。しかし、大学病院での仕事では確実に昇給がありますし、毎年その昇給が積み重なっていくことになりますので、長く働けば働くほど、高収入が約束されることになります。こうしたことから、大学病院での仕事は、働き始めは給料面でのメリットを感じられないものの、長く働くことによって他の職場よりも安定した給料を得られるようになるというメリットがあります。転職率が全体的に高い薬剤師の世界でも、大学病院での勤務については勤続年数が長い傾向が見られるのも、こうした理由が一つの要因となっているでしょう。

なによりも、大学病院での仕事は、やりがいを強く感じられるもので、薬剤師としてのキャリアを伸ばしていくのに最高の環境となっています。最新の医薬品に触れる機会が常にありますし、臨床試験などを通じて新薬の開発の一端にも携われるというメリットもあります。長く働くことによって、給料面でもスキルの面でも大きな恩恵にあずかることができるのです。