大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師の悩み・ストレス

大学病院の薬剤師の悩み・ストレス

大学病院勤務の薬剤師は、とても人気のある職種です。一般の病院では薬剤師不足で苦労しているところも多かったりしますが、大学病院の場合は求人が出されるとすぐに応募者が集まってしまうほどです。そんな人気職種である大学病院の薬剤師ではありますが、実際に働いている人たちは、どのような思いを持って仕事に取り組んでいるのでしょうか。

もし憧れの職業に就くことができたら、仕事の悩みやストレスを感じることなく、毎日楽しく働けるような気がしてしまうものです。大学病院勤務の薬剤師というのは確かに人気職種ですが、たとえ人気のある仕事であっても楽しいことばかりではありません。大学病院の薬剤師たちも、他の仕事に就いている人たちと同じように悩みやストレスを抱えています。

たとえば、大学病院に勤務する薬剤師ならではの悩みとして、医師や看護師たちとの人間関係が挙げられます。大学病院は規模が大きいため、薬剤師の仕事の領域も広くなります。一般の病院に比べると、医師や看護師、その他のスタッフたちと連携しながら仕事を進めていく機会が多くなります。それぞれが専門的な仕事をしてはいますが、薬剤師は立場上、医師や看護師よりも下であると見られることが多いです。そのため、薬剤師という仕事にプライドを持っていれば持っているほど、他のスタッフとの関係性に精神的なストレスを感じてしまうかもしれません。

また、大学病院に勤務する薬剤師は、夜勤や当直があるケースが多いです。交替勤務での不規則な生活は、体力的なストレスの原因になります。人手が足りなかったり、残業があったりという職場では、とくに疲労も大きくなるでしょう。救急医療の現場で働いているような場合も、体力的・精神的なストレスが大きくなります。仕事にやりがいを感じていたとしても、たまっていくストレスが大きすぎるために転職を考える、という人もいます。

どのような仕事にも、悩みやストレスはつきものです。たとえば憧れの職場に就職する場合、働く前に思い描いていたイメージと、働き始めてからわかった現実とのギャップに、戸惑ってしまうことも多いでしょう。ギャップが大きい場合は、ストレスへとつながってしまいます。大学病院の薬剤師の仕事に就きたい人は、希望する病院の実際の仕事環境についてできるだけ詳しく知っておきましょう。就職してからのギャップを少なくすることで、仕事上の悩みやストレスを軽減することができます。