大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師の仕事内容

大学病院の薬剤師の仕事内容

薬剤師の職場として最前線とも言えるのが、大学病院での勤務でしょう。その仕事内容はとても幅が広く、そして専門性が求められます。薬剤師として自分の能力をフルに発揮できる職場と言えるでしょう。

大学病院で働く薬剤師の仕事内容は実に多く、調剤をしたり薬の確認をしたり、というだけではありません。医療スタッフの重要な一員として、患者さんと直に接して治療に加わります。そのため、医師とともに診察や回診を行う機会も多くなります。というのも、薬の飲み合わせチェックなどの確認も含め、より効果的な投薬による治療を、薬の専門家である薬剤師に見てもらう、という狙いがあるからです。そのため、医師や看護師などが集まって行うカンファレンスにも参加して、患者さんの治療方針などを決める機会にもあずかります。薬剤師としてのスキルをいかんなく発揮できる機会となるでしょう。

また、大学病院は医療機関であるとともに研究機関でもあります。そのため、新薬の臨床試験や、新しい医療技術の開発のスタッフとして加わることもあるでしょう。薬剤師の微妙な投薬のコントロールが、とても重要になることもあるので、腕が試されるところでしょう。臨床試験で最も心配されることの一つが副作用ですが、経験を積んだ薬剤師が、常に患者さんの側にいることにより、リスクを抑え試験を成功に導くことができるようになるのです。

また、臨床データをまとめて分析する仕事をすることもあり、開発の成否を分ける重要な仕事に携わることができます。その際には医療品メーカーや製薬会社とのやり取りも、臨床試験をスムーズに進めるために欠かせないものですので、良いコミュニケーションが求められる仕事内容です。

大学病院には製薬会社の営業(MR)が定期的に訪れ、新薬の営業を行ったり、最新情報を提供してくれたりします。その際には、教授とともに使用する薬の選択に携わったりすることもあり、大事な治療方針を決める一環にあずかれます。こうして、医療業界の最新情報に常に接していられるのも、大学病院で働く医療スタッフの特権と言えます。また、一般の病院では治療が難しかった病気を抱える患者さんが訪れることも多く、珍しい病気や症状に接して医療知識を増やしたり、スキルをアップさせることができる職場と言えます。仕事内容は多岐に亘るので、覚えることも多いですが、その分やりがいがあり、貴重な経験を積んで、自分の能力を向上させる環境の中で働くことができるのです。