大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 滋賀医科大学附属病院の薬剤師求人

滋賀医科大学附属病院の薬剤師求人

滋賀医科大学附属病院での薬剤師採用の特徴は、研修生やレジデント制度を活用しているということが言えるでしょう。研修生やレジデントになると、より実践的な研修として、調剤や病棟業務を行いながら、専門性の高い薬剤師を育てようとする制度です。滋賀医科大学附属病院の研修生は講習費を支払って、半年間薬剤師としての実践的なトレーニングを行います。レジデントの場合は期間が長く、約2年に渡って実務的な研修を行うことで、能力の高い薬剤師となることが期待できます。レジデント制度では、病院はレジデントに対して給料を支払うため、経済的な心配なく研修に専念できるのが一つの特徴です。よりスキルの高い薬剤師を育成するために、現在全国の大学病院でレジデントを導入する機運が高まっており、学生からも注目を集めています。

滋賀医科大学附属病院の場合、レジデントや研修生として勤務している間に欠員が出れば、常勤の薬剤師として登用される可能性があるので、就職活動をしながらスキルアップできると思えば、かなり魅力的な制度だと言えるでしょう。しかもレジデントであれば給料も出ますので、みっちり研修してくれる契約社員といったイメージでしょうか。

しかし、滋賀医科大学附属病院の場合はレジデントや研修生になるために、大学での直接の指導教員による推薦状を書いてもらう必要がありますし、もちろん選考試験も行われます。そのため、誰でも簡単になれるというものではありません。また、推薦状が必要であることから、既に社会に出て働いている人には難しいかもしれません。しかし、資格取得後も勉強することが多い薬剤師にとって、研修制度が整っているというのは非常に魅力的ですので、レジデントなどに応募可能な環境であれば、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。薬学部が6年制になるなど、レベルの高い薬剤師が必要とされる中で、レジデントや研修生となって研修を受けることはこの先の薬剤師人生の中で必ず役に立ちます。

研修には研修費が必要ですがレジデントには滋賀医科大学附属病院の時間雇用職員の給与規定に基づいた給料が支払われます。質の高い薬剤師を輩出するため、レジデントなどの制度は今後も増えていくことでしょう。スキルアップが求められる薬剤師にとっては、勉強しやすい環境に身を置くことも大切なのです。滋賀医科大学附属病院のレジデントなどは、それには最適の環境なのではないでしょうか。