大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師の志望動機

大学病院の薬剤師の志望動機

大学で4年もしくは6年間勉強してきて、薬剤師になり、さらに就職を大学病院で考えている方もしくは、大学病院への転勤を考えているかたもたくさんいらっしゃることでしょう。ただ、転職を考える場合に考えなければならない課題の一つが「志望動機」。では、大学病院の採用を受ける際には、どのような志望動機があるのでしょうか。

そもそも大学病院で働く理由にはどのようなものがあるでしょうか。大学病院では年収がドラッグストアや製薬会社などと比べると低めになっています。その中でもなぜ働きたいと思わせるのかというと、一つが他の職場では体験できないようなことが出来るということ。それは、製薬会社から依頼を受けて新薬の開発に携わったり、薬の購入や管理ができるということです。その他でも、診察から患者と立ち会い、どの薬を投与するかを直接カウンセリングを元に決定できます。この点が、大学病院で働くことの理由になります。大学病院では一般の薬剤師の業務に加えて、これらの業務をこなすため、仕事量も多くなります。それでも年収は一般の病院とは変わりません。

このような状況でも人気のある理由が、他では体験できないことを、大学病院では出来るということもあります。特に上記の新薬の開発に携われることは、大学病院で働くことの最大の強みになります。また大学病院では、最先端の医療設備が整っており、高度な医療に携われることも魅力。薬剤師として知識を身につけながら、新薬の開発など研究者としての経験を積むことが出来るのが大学病院で働く理由になるでしょう。

実際に大学病院で働いている人も大きな意義を持って働いています。例えばある大学病院で勤務する2年目の方は、大学病院を志望した理由として、大きな組織の中でどのように医療と関わっていくのか深く知りたいと感じた、ということを理由として挙げています。

また別の1年目の方の声を聞くと、その方は、大学は最先端の医療体制が整っているため、同時に最先端の医療を学べると思ったことや、総合病院なので様々な診療科の処方と関われることであるとお話ししています。大学病院で働く方の多くがこのような理由を持って働いており、就職活動時もこの気持ちをベースに志望動機を作ったと考えられます。志望動機を作ることはそれほど簡単ではありません。以上のような点を参考にして、作成してみると、少し作成のヒントが見えてくるのではないでしょうか。