大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師の自己PR

大学病院の薬剤師の自己PR

大学病院の薬剤師に応募するときの、自己PRの書き方について考えていきましょう。就職活動を行う場合、採用する側との最初の接点は書類選考になります。中でも、履歴書の自己PRの欄は、大学病院がとくに注目するポイントになります。

大学病院が薬剤師を求人する際には、必ず求める人材像というものがあります。「長く勤めてくれる人が欲しい」「大学病院での経験がある人がいい」「外国語が堪能な人が欲しい」など、どのような人が求められているかはケースバイケースです。採用する側はまず書類選考の段階で、「自分たちが欲しいと思っている人材なのかどうか」を選別することになります。

では、どのような人材を求めているのかについては、どうやって知ればいいのでしょうか。まずは、その大学病院の求人情報をよく確認することが大切です。病院のホームページやインターネットの求人サイト、ハローワークなどで募集要項をチェックしてみましょう。どんな人材が欲しいのか、具体的に記載しているケースは意外と多いものです。

たとえば、「先進的な医療や研究に興味のある方、向上心のある方歓迎」と書いてあるケースからは、研究開発分野に関わることの多い職場だということが読み取れます。また、キャリアアップ、ステップアップをはかっていく意欲のある人を求めていることもうかがい知ることができます。「チームワークを大切にできる方を求めます」と書いてあるケースでは、チームやスタッフ、患者さんなど、関わる人たちとのコミュニケーションが重視される職場であることがわかります。採用にあたっては協調性があるかどうかが重要視されるでしょう。

このように、公開されている情報から、その大学病院の求める人物像を知ることができます。情報の記載が少なく読み取りにくい場合でも、必要資格や経験の有無などの項目から、どのような人を求めているのかを推測することができます。求める人物像がイメージできれば、自己PRの方向性も自ずと見えてきます。これまでの経験が優遇される場合は、できるだけ詳しく業務履歴をアピールしましょう。意欲や協調性が求められる場合は、具体的なエピソードを添えて自分の長所を売り込みましょう。

大学病院の薬剤師は求人の数自体が少なめで応募者が多いため、競争率が高くなります。多くの応募者の中から採用されるためには、その病院の求める人材像をしっかりイメージすることが大切になります。選んでもらえるような自己PRを作成することで、就職の成功が近づくでしょう。