大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 正社員の大学病院の薬剤師求人

正社員の大学病院の薬剤師求人

薬剤師の方が正社員として働く場合、その職場によっては優劣が付く可能性があります。もちろん近年の人気専門職ですから、どの職場でも一定の好待遇は期待できます。ですがもうワンランク上を目指す時に大学病院での実績は有効となるでしょう。そこで気になるのが大学病院の薬剤師の求人倍率ではありませんか?結論から言いますと、大学病院における薬剤師の求人倍率はかなり低いとされています。現在では薬局やドラッグストアが急増していて、そちらの方で高待遇の職場が目立つ様になりました。

それは大学病院や調剤薬局の中途採用における初任給の平均年収は350〜400万円なのに比べて、大手ドラッグストアの薬剤師では400〜450万円ぐらいが相場で、給料面では大学病院の薬剤師はやや低めになっているからです。また大学病院では新卒の薬剤師でスタッフ確保を行います。ですから中途採用はスタッフが辞めるか転職した場合、あるいは規模拡大を行うかのケースに限られます。大学病院は他の医薬業界程規模の拡大は行いませんし、薬剤師のスタッフ数自体も限定的です。そういった理由から、特に求人数が多いと言う訳ではありません。しかし同時に人気が集中する職場ではないために、応募数が比較的に少な目である事もあって、相殺されて求人倍率が低い状態にあるのです。

とは言っても、大学病院の薬剤師は専門的なスキルを養うには絶好の職場ですし、調合薬剤師としてやりがいのある職場でもあります。それに勤務状況が緩和な点もメリットです。民間のドラッグストアや薬局の様な接客に追われる心配もありませんし、販売ノルマもないので精神的に穏やかな働き方が可能です。その分だけ大学病院の正社員雇用ならば調剤活動に専念できます。また勤務時間も固定化されていますから、プライベートでも有利です。つまりスキルアップのための時間や心のゆとりも持ちながら、私生活が充実します。大学病院の正社員薬剤師を希望する方には、この点を重視している人が多く見られます。

そこで大学病院での採用試験では、自分のもっている専門スキルや知識、そして経験・実績を的確にアピールすると良いでしょう。また大学病院などの専門性が高い職場では、一般公開の求人よりも非公開求人の方が多く出されている事も知っておいてください。特に有名大学病院では、推薦や紹介のない飛び込み就職は不利になりがちです。現役薬剤師の方は、その点でも積極的に就活を進めていく方が良いでしょう。