大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 産休・育休がとれる大学病院の薬剤師求人

産休・育休がとれる大学病院の薬剤師求人

女性の薬剤師の方が就職・転職をする場合、特に気になるのが産休・育休などの家庭の事情を優先できるかどうかでしょう。ちょっと前まで、男性並みに働けない女性は職場でまっとうな仕事をさせてもらえなかったという現実がありました。その為に産休・育休を取る事がキャリア・アウトをするのも同然で、知らない内に窓際へ追いやられてしまうシーンも少なくなかった訳です。ですがこの十数年間、女性でも男性でも家庭の事情で有休を取る事が推奨されていて、それは女性資格者の多い薬剤師の職場にも反映されています。

また高齢化により薬剤師のニーズが急上昇したために、ドラッグストアや薬局、大学病院などの職場で薬剤師不足が起こっています。女性薬剤師の方を確保するために、産休・育休の制度をより利便的に設定する職場が増えています。他の福利厚生でも改善が見られ、最近では病院内に保育所を用意している職場まであるのです。こういった職場改革によって、ママさん薬剤師がどんどんと職場復帰をしています。もちろん給料面の優遇も見られます。時給相場は1500円〜2000円と、専門職に見合った金額になっています。

薬剤師の働き方は、正社員雇用からパート・アルバイト雇用へとシフトしていっています。これまでは、休み過ぎやシフトの融通が利かない薬剤師が嫌がられていましたが、今ではそういった職場が減少しています。その為に、職場の人間関係でも温和な雰囲気が生れ出しているのは確かです。特にママさん薬剤師は、家庭の事で周囲のサポートを受ける場面が必ずありますから、同僚の方々へ迷惑の掛かる事はしたくないと自己犠牲をしがちです。そういった無理が職場全体のマイナス効果になるために、病院でもいろいろと職場環境に工夫を凝らしているのです。こういった努力を積極的に行っている大学病院の職場ならば、例え急要でシフトに穴をあける事態が起こっても、何とかカバーし合えるかもしれません。何よりも、個人個人が安心して働ける雰囲気を保つには有効です。

この様に、勤務状況の柔軟さが薬剤師の職場でも見え始めています。これから就職を考えている薬剤師は、この様な勤務条件や福利厚生面をしっかりとチェックしてから選ぶと良いでしょう。無駄な人間関係のトラブルを回避し、真面目に仕事だけに専念できる職場選びこそが、給料の高い安い以上に大切な条件だと皆さんも思っている事でしょう。そんな求人を探す事が可能ですので、決して焦らずにじっくりと就活に取り組んでください。