大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師の転勤

大学病院の薬剤師の転勤

薬剤師の転勤について詳しく見ていきます。大学病院の薬剤師には、基本的に転勤がありません。大学病院というのは、それぞれの大学に附属された施設です。国立大学は全国にたくさんありますが、それぞれが独立していますので各地の大学の附属病院に転勤するなどということは基本的にはありません。ただし、病院附属の関連研究施設への異動などは考えられます。転勤や移動が気になる人は、事前に病院側に確認するようにしましょう。

では、他の病院勤務の薬剤師の場合、転勤事情はどうなっているのでしょうか。一般的な私立病院の場合は、拠点をたくさん持っているところも少ないのでほとんど転勤はありません。小規模な病院の場合は転勤はまずあり得ません。

公立病院の場合は転勤が多くなります。市立病院や県立病院では定期的な転勤や移動があります。また、国立病院機構の薬剤師の場合も、だいたい3年から5年周期で転勤があります。ただし、国立病院機構といっても全国各地に転勤するのではなく、地方ごとのブロックに分け、そのブロック内での転勤になります。

大学病院勤務には転勤の心配がないので、住まいを移動したくない人には向いています。ただし、大学病院の薬剤師は業務範囲が広く、調剤や投薬指導、薬品管理の他にも、教育に携わったり、新薬や治療法の研究・開発に関わることも求められます。勉強の機会が多ければ出張も多くなりますので、転勤がなくても各地を飛び回ることになるかもしれません。

各大学病院の薬剤師の業務範囲にはそれぞれ差がありますので、これから就職を考えている人は、具体的な仕事内容についてもチェックしておくようにしましょう。

転勤が多い薬剤師といえば、ドラッグストア勤務の薬剤師が挙げられます。とくに人材不足が続くドラッグストアの場合、少ないスタッフで対応していく必要がありますので、自然と転勤も多くなります。調剤薬局でも大きなチェーンでは、定期的に転勤があります。ドラッグストアや調剤薬局では人材不足が続いていますが、やはり転勤が多いということが、求職者が集まらない理由の1つになっているのでしょう。

大学病院の薬剤師に人気が集まるのは、仕事自体にやりがいがあることはもちろん、転勤がない、長年働けば高収入が期待できるなどの理由があるからです。ただし、大学病院では新卒採用が多く、残念ながら薬剤師の中途採用枠は狭いです。もし好条件の求人を見つることができたなら、万全の準備で採用試験に臨むようにしましょう。