大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師を辞めたい時

大学病院の薬剤師を辞めたい時

大学病院の薬剤師は人気のある職業ですが、そんな人気の職業に就いている薬剤師でも「仕事を辞めたい」と考えることがあります。では、どのような場面や出来事で、「薬剤師を辞めたい」と感じてしまうのでしょうか。

大学病院の薬剤師の場合、初任給など働き始めの数年間の収入が比較的低めになっています。大学病院は研究機関であるという位置づけであるため、最初のうちは勉強の期間であるという考え方も影響しているようです。とくに国公立大学の場合は、私立大学に比べて低い給与設定となるケースが多いです。ただし、昇給の幅が大きいというのも大学病院の特徴です。勤続年数が長くなればなるほど、薬剤師の年収は大きく上がっていきます。

長く勤めて実績をあげれば給与が上がることがわかっていても、やはり現在の収入や、この先数年間の収入というのは大切です。薬剤師全体の平均年収は約530万円だと言われていますが、その中でも病院勤務の薬剤師の平均年収は500万円前後とされています。つまり、薬剤師全体の平均年収よりもやや低めだということになります。年収の高い薬剤師の職場としては、平均800万円前後の製薬会社、平均600万円前後のドラッグストアが挙げられます。このような収入の差があるので、今すぐに収入を多くしたい人は薬剤師を辞めて他の職場に転職することを考えてしまうようです。

また、大学病院勤務の薬剤師が辞めたいと考える理由としては、勤務態勢や仕事内容といった理由もあります。大学病院に勤める薬剤師の場合は交替制のシフト勤務になることが多いので、夜勤や当直もあります。不規則な勤務や残業が続くことで体力的なストレスがたまってしまい、限界を感じて辞めていく人もいるようです。とくに救急医療などに携わる場合は激務であることが多く、精神的にも体力的にも疲れてしまうということがあります。

仕事内容が原因で辞めたいと考えるケースでは、「採用前にイメージしていた仕事と大きく違っていた」という理由を挙げる人が多いです。また、調剤や投薬指導、新人教育、医療チームとしての仕事など、大学病院の薬剤師には幅の広い仕事が求められます。「やりがいは大きいけれどキャパシティを超えた仕事を求められる」といった理由で転職を考える人もいるようです。

大学病院の薬剤師が仕事を辞める理由はさまざまです。簡単に辞めてしまうのも考えものですが、深刻な理由がある場合は結論を長引かせることなく、転職活動を始めてみることも必要だと言えます。