大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師の子育て事情

大学病院の薬剤師の子育て事情

大学病院では大勢の女性薬剤師が活躍しています。女性が多い職種ですので、結婚や出産、子育てといった人生のイベントによって、仕事を辞めるか辞めないかの選択を迫られるケースも多くなっています。薬剤師たちは、大きな壁に直面した時にどのような選択をしているのでしょうか。大学病院の薬剤師の子育て事情について詳しく見ていきます。

一般の病院や調剤薬局に比べて、大学病院では比較的産休や育休が取りやすい環境にあります。大学病院の場合は福利厚生面の制度が確立されていることが多いため、育児休暇取得の前例も多くなっています。また、働いているスタッフが多いために、育児休暇をとるスタッフがいても仕事が回るという理由もあります。小規模な病院や調剤薬局、ドラッグストアなどでは最小限の人数の薬剤師しか勤務していないため、「育休を取ってまた復職したい」とは言いづらい職場環境にあるというのが実情です。

とはいうものの、育児休暇を取るというのは勇気のいる決断です。とくに、職場での前例がないようなケースでは育休を取りづらい雰囲気があるでしょう。しかし、職場の制度として導入されているなら、堂々と申請をして休暇を取る権利があります。もちろん他のスタッフとの兼ね合いなどもあるでしょうから、上司や周囲のスタッフともよく話し合って理解を促すように努力してみましょう。

無事に育休を利用できた場合はいいのですが、「やむを得ず退職してしまった」という人もいるでしょう。「子育てもある程度落ち着いたので、また復職したいな」と思ったときは、再就職に向けて動いてみましょう。まずは、以前の職場に戻れるかどうかを確認してみることをオススメします。実際に働いていた病院なら、あなたの実績や能力を十分知っていますので、欠員さえあれば戻りやすいはずです。

「働きたいけれど、まだ育児途中だから夜勤は避けたい」などの条件がある人は、日勤のみやパートタイムの仕事を探してみましょう。大学病院の薬剤師でも、夜勤や当直がないところもあります。復帰してすぐに無理をして働くのではなく、できるところから始めるという選択肢もあります。

ただし、大学病院の薬剤師の求人はとても数が少ないです。中途採用は狭き門だと言えるでしょう。子育てをしながらの復職となるとなかなか厳しいものがありますが、そんな時には以前の実績や経験が物を言います。また、周りに子育て中の先輩薬剤師がいる場合は、復職のアドバイスをもらってみましょう。