大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大阪市立大学医学部附属病院の薬剤師求人

大阪市立大学医学部附属病院の薬剤師求人

■大阪市立大学医学部附属病院で働くためには?研修制度でスキルアップすれば病院勤務も可能に!

薬剤師としてキャリアアップを目指す!といっても具体的に何を学んだらいいのかわからない方も、いらっしゃるかもしれません。
膨大にある医薬品の種類を取り扱う薬剤師の業務はすごく幅広いですので、まずは研修制度のある職場を探す必要があります。
転職支援サイトでは、こういった研修制度のある転職先情報も多数抱えています。
また、人材育成に力を入れている大学病院の求人も、多数掲載されています。
以下では、そんな大手大学病院のひとつ大阪市立大学医学部附属病院に関する情報を取り上げていますのでぜひご参考にしてください。

■大阪市立大学医学部附属病院の特徴

大阪市立大学医学部附属病院は、大阪市阿倍野区にある大学病院です。
許可病床数は1000以上で、がん診療の連携拠点病院、認知症疾患医療センター、救命救急病院など、地域の中核的医療施設として貢献しています。
また、先進医療を実施する医療機関として厚生労働省から承認を受けている病院でもあります。
薬剤師の求人は、正規職員から短時間勤務職員まで募集をしている場合があり、短時間勤務職員にもきちんとと手当てが支給されます。

■大阪市立大学医学部附属病院での業務@手術部にサテライト薬局を設置

薬剤部では、手術部サテライト薬局を設置しており、専門の薬剤師が手術中の医薬品を適正に提供しています。
また、眼診療の連携拠点病院であることから抗がん剤の調剤も業務としておこなわれています。
なお、抗がん剤は安全キャビネット内で調製され、適正な管理を徹底します。
調剤業務は、基本外来患者に対しては院外処方せん、入院患者には、1日500以上の調剤がおこなわれています。

■大阪市立大学医学部附属病院での業務A原則院外処方せんを発行

大阪市立大学医学部附属病院では、外来患者様の処方せんは院外の調剤薬局で行う事が原則となっています。
病棟勤務をしたい人は、その病院が院外処方せんを原則としているかどうかを、チェックしておくといいでしょう。
大学病院の場合、多くは院外処方せんとなっていることが多く、患者様とのコミュニケーションをとりながら服薬指導をおこなう臨床治療がしたい人には、お勧めの職場です。

■大阪市立大学医学部附属病院に内定するには?外来患者数が求人倍率の目安

その病院の病床数に対して、どのくらいの外来患者が来るのかも、求人倍率を知る上で重要なポイントです。
当然病床数に対して外来患者数の割合が大きい方が、人手が足りていないこととなり、求人に受かる可能性も高いです。
ここで取り上げた大阪市立大学医学部附属病院のような、普通の求人では載せられていない病院の外来患者数や求人倍率などの詳しい情報も、転職支援サイトを利用することで知ることができます。