大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大阪大学医学部附属病院の薬剤師求人

大阪大学医学部附属病院の薬剤師求人

■大阪大学医学部付属病院への転職は可能?薬剤師の求人倍率が比較的低い今がチャンス!

薬剤師の転職は、2015年までにおこなったほうがいいです。
ぜならば、2015年度には、2012年に新たに設立された6年制の薬学部卒業生たちが、一気に市場に流れ出すからです。
そう考えると、比較的落ち着いている今が、転職をするには絶好の機会だといえるでしょう。
薬剤師転職支援サイトには、人手不足の企業や病院が有能な人材を求めて求人を登録しています。
特に大学病院は許可病床数が多いので、人手足りないのが現実です。
ここでは、有名大学病院のひとつである大阪大学医学部附属病院の情報を、取り上げています。
転職支援サイトでは、こういったキャリアを積める職場の求人も、見つかるかもしれません。

■大阪大学医学部附属病院の特徴

大阪大学医学部附属病院は、大阪市吹田市にある大学病院です。
許可病床数は1000以上で、1日あたり2000人以上の通院患者が来る施設で、地域眼診療連携拠点病院としても指定されています。
院外処方による医薬分業を実施していて、後発医薬品の取り扱いも可能となっています。
薬剤部では臨床にも力を入れていて、患者様との距離が近い臨床診療の現場で、専門薬剤師が活躍しています。

■大阪大学医学部附属病院での業務@患者様の情報を正確に管理

大阪大学医学部附属病院の病棟薬剤室では、入院患者が服用しているお薬に関する情報や、病棟のお薬の管理をしている部署です。
医薬品の副作用リスクを減らし、安全に使用するためには、なくてはならない業務のひとつ。
医師や看護婦と連携して、医薬品の情報共有をおこない、患者様にもお薬の説明を口頭でおこなう場合もあります。
相手に適正な情報を伝えるコミュニケーション能力が求められる職場です。

■大阪大学医学部附属病院での業務A医薬品に関する情報を収集

大阪大学医学部附属病院での薬剤師の業務には、医薬品の情報を収集する業務があります。
それは、国内で採用されている医薬品だけではなく、海外の医薬品情報まで、幅広く対応しなくてはいけません。
大学病院では、薬品情報管理室を設けて、徹底した情報の収集・管理が実施されています。

■大阪市立医学部附属病院の勤務時間は?転職支援サイト使えばわかる

薬剤師としての仕事の幅を広げることができる病院勤務ですが、もちろんデメリットもあります。
それは、夜勤などの交代制があり、勤務時間が比較的長くなってしまうということです。
また、年収も企業のドラッグストアよりも低く設定されている事が多く、それを考慮して転職する必要があります。
例えば大阪市立医学部附属大学の実際の勤務時間がどのくらいなのか、という情報も、転職サイトの専任アドバイザーが教えてくれます。