大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大阪医科大学附属病院の薬剤師求人

大阪医科大学附属病院の薬剤師求人

■大阪医科大学附属病院はどんな職場?薬剤師転職支援サイトでわかる転職先情報

新天地で活躍したいけど、職場の人とうまくやっていけるか心配・・・。
業務はこなせる自信があるけど、新しい環境で人間関係を構築できるか不安になる方も多いと思われます。
また、詳しい給与体系や休暇取得率など、市場に出回る求人情報を信じて実際に働いてみると全然違っていた、というようなことは、よくあるかと思われます。
そういったミスマッチを調節できるのが、薬剤師専門転職サイトのメリットです。
転職支援の専任アドバイザーが、求人情報だけではなく、その職場の環境や実際の条件などを詳しく助言し、失敗のないようにサポートしてくれます。
なお、ここでは大手大学病院である大阪医科大学附属病院について取り上げています。ぜひご参考にしてください。

■大阪医科大学附属病院の特徴

大阪医科大学附属病院は、大阪市高槻市にある大学病院です。
特定機能病院として認定されていて、エイズ治療拠点病院としても指定されている総合医療施設として、地域医療に貢献しています。
また、がん診療連携拠点病院として、最先端のがん治療をおこなっています。
許可病床数は900以上で、チーム医療に貢献できる薬剤師の発掘と育成に力を入れています。

■大阪医科大学付属病院での業務@がん専門の薬剤師が医薬品を適正に管理する

大阪医科大学附属病院では、がん化学療法関連業務をおこなう、がん専門の薬剤師が活躍しています。
お薬は、医師と情報を共有しながら、検査値や相互作用の確認、レジメンチェック、投与量チェックをおこない、調製をしていきます。
また、手術中に不足薬剤が発生しないよう管理するのも、薬剤師のお仕事です。

■大阪医科大学附属病院での業務A副作用を未然に防ぎ、薬の適正使用に努める

大阪医科大学附属病院での薬剤師の業務には、患者様が安心してお薬を服用できるよう、医薬品の副作用等の情報収集があります。
得た医薬品の情報は、他のスタッフに素早く正確に提供されます。チーム医療として活躍するワンシーンです。
また、患者様一人一人の個別情報も管理し、併用禁忌薬の説明を口頭および書面でおこないます。
患者様とのコミュニケーション能力を磨くのも薬剤師としての努めです。

■大阪医科大学附属病院に転職!自分の隠れた強みを分析すれば転職も可能!

薬剤師としてキャリアアップしたい人は、自分の強みを把握しておく必要があります。
転職サイトでは、専任のアドバイザーが、能力を客観的分析し、キャリアアップや年収アップが可能な職場を紹介してくれます。
そのため、自分で転職先を探すのは不可能だった、大阪医科大学附属病院のような大手病院の求人を見つけることも可能です。