大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 名古屋市立大学医学部附属病院の薬剤師求人

名古屋市立大学医学部附属病院の薬剤師求人

■名古屋市立大学医学部附属病院の求人を無料で見つけるには?

働く側が薬剤師の転職サイトに登録しても費用はかかりません。
ですので、薬剤師の転職先を探している人は、できるだけたくさんの転職支援サービスを利用したほうが、はやく仕事がみつかります。
転職に成功された人の中には、年収が200万以上アップされた方もいます。
選択肢を出来るだけ多く持って、自分が求める条件に合った職場を探すことができるので、非常に便利なサービスなのです。
以下で取り上げている名古屋市立大学医学部附属病院大手のような転職先も、薬剤師転職支援サイトで探せばきっとみつかります!

■名古屋市立大学医学部附属病院の特徴

名古屋市立大学医学部附属病院は、愛知県名古屋市瑞穂区にある大学病院です。
平成7年7月に特定機能病院として認められ、名古屋の中核的医療機関として地域に貢献しています。
許可病床数は808あり、最新の医療設備と先進医療の提供をおこなっている大手の病院でもあります。
また、地域がん診療の連携拠点病院でもあり、がん診療専門の医師や看護師、薬剤師の育成にも力を入れています。

■名古屋市立大学医学部附属病院での業務@抗がん剤治療に強みを持つ大学病院

名古屋市立大学医学部附属病院で薬剤師がおこなっている業務は、調剤業務の他、入院患者にお薬の服用の説明・指導をおこない、副作用のモニタリング調査をおこないます。
また、感染制御チームや緩和ケアチームなどの医療チームを結成して、治療効果や予防効果を高める研究が日々おこなわれています。
特に抗がん剤治療の調製には、最新の設備を設けており、安全および品質管理が徹底されています。

■名古屋市立大学医学部附属病院での業務A医薬品の在庫・品質管理

名古屋市立大学医学部附属病院では、薬剤師が医薬品の在庫や品質を、徹底して管理しています。
お薬には使用期限がありますので、在庫が多くてもいけないし、足りなくなったら患者様に処方できません。
ですので、医薬品の在庫や品質の管理は、薬剤師にとって重要な業務のひとつです。
なお、この大学病院では、コンピューターを使って在庫数の管理がおこなわれています。

■名古屋市立大学医学部附属病院の非常勤求人情報を知るには?

名古屋市立大学医学部附属病院では、非常勤薬剤師の求人も、おこなっている場合があります。
薬剤師の資格を活かして、短時間勤務もしくは非常勤で働きたいという人もいるでしょう。
正規社員勤務や長時間勤務ができない事情の人も、大勢いらっしゃると思われます。
少しの時間だけでも働いて家計を支えたいという薬剤師有資格の方も、薬剤師転職支援サイトで探せば条件に合ったお仕事がみつかります。
自分の都合に合わせていては、なかなか良い仕事が見つからないと、普通は感じるかもしれません。
ですが、そういった要求に対して、数多くある求人の中から条件に合った募集をマッチングさせるのが、転職支援サービスです。