大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 名古屋大学医学部附属病院の薬剤師求人

名古屋大学医学部附属病院の薬剤師求人

■名古屋大学医学部附属病院の仕事を探す!家庭と薬剤師の仕事の両立は可能?

転職時に一番気になるのは、転職先がきちんとした手当てを付けてくれるかどうかだと思います。
特に女性の場合だと、お子様がいる家庭で、両立が難しいという人もいらっしゃるでしょう。
そのため、育児休暇制度が欲しい!できれば託児所なんかもあったほうがいい!など、条件が色々あると思われます。
条件を限定すると、当然転職先が自分だけの力ではなかなか見つからないといった不具合が、生じてきてしまいます。
薬剤師転職支援サイトでは、数千件の求人情報を保有しているため、条件に合った転職先を見つけることができます。
調剤薬局〜大手大学病院まで、その求人の幅が広く、現在のスキルとライフスタイルに合わせた職場がきっと見つかります。
なお、ここでは名古屋大学医学部附属病院に関する情報を取り上げています。
薬剤師専門の転職支援サイトでは、こういった大手病院も数多く掲載されていますので、登録してスムーズに転職を成功させましょう。

■名古屋大学医学部附属病院の特徴

名古屋大学医学部附属病院は、愛知県名古屋市昭和区にある大学病院です。
許可病床数は約1000あり、先進医療などにも積極的に取り組み、特定機能病院として医療の中核を担っている施設でもあります。
正社員として薬剤師を募集している場合もあります。
■名古屋大学医学部附属病院での業務@実績の豊富な診療支援部門

名古屋大学医学部附属病院の薬剤部は、薬剤管理指導件数1万件以上、無菌製剤処理業務6000件以上、一般注射調製2500件以上の豊富な業務実績があります。
業務は14部門に分かれており、ここで専門的な知識を持つ薬剤師が日々医療の現場に貢献しています。
常勤職員は60名以上が在籍していて、2013年4月には、薬剤師の正社員募集もおこなっているようです。

■名古屋大学医学部附属病院での業務A薬物治療モニタリング業務について

名古屋大学医学部附属病院では、薬物治療モニタリング業務がおこなわれています。
薬物治療モニタリングとは、薬物が患者様に対して安全に作用し、最大限の効果を発揮するよう医師と協力して調査する業務です。
お薬は、患者様の血中濃度に合わせた投与をおこなう必要があります。
また、薬品の副作用に関する情報も集めて、医療スタッフと情報を共有するのも業務のひとつです。
このように、大学病院では、薬剤師が医療の最前線で日々活躍しています。

■名古屋大学医学部附属病院に転職成功!慎重に転職先は選ぼう!

薬剤師は人手不足なので、隠れた求人は意外と数多くあります。
たくさんの求人を見て、慎重に転職先を決めることが成功の近道です。
ただ、ご自身のルートだけでは、求人を見つけるのは難しいのが現実!
そういった時に、転職支援サイトを活用すれば、専門のコンサルタントが、独自の求人ルートを多数紹介してくれます。
今日取り上げた名古屋大学医学部附属病院のような有名大学病院も、多数登録されていますので、ぜひ薬剤師転職支援サイトを活用してみてください。