大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師になるメリット

大学病院の薬剤師になるメリット

薬剤師として働く職場はたくさんあります。それぞれの勤務先でメリットがあるでしょう。では、大学病院で薬剤師として働くことにおいてはいったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

最も大きなメリットは、新薬の開発に携われることです。他の調剤薬局やドラッグストアでは、調剤業務がメイン。大学病院のように開発業務に関われることができる勤務先はほとんど無いでしょう。さらに、患者さんとの距離が近いことも魅力の一つ。患者さんと診察の段階から関わって、投与する薬品を決め、その後の経過にまで携わることが出来るのは、病院勤務だけでしょう。

大学病院で働くメリットは、他にもあります。大学病院では最先端の医療設備が整っていたり、一般的な病院では対処できない難病や希少な症例を持った患者さんも相手にすることができたりします。それゆえ、その症状に対応するスキルや、化学的思考能力を必要とされる職場になっっています。この点からもちろん大変なことはたくさんありますが、やりがいを感じ、さらに大きな成長を感じることが出来ます。厳しい判断を迫られることも多々あります。大学病院では、新薬の開発に携わることから、患者さんに新しい薬の投与を迫られることもあります。まだ実績の少ない新薬を患者さんに投与することは不安が多くあります。その点でも精神的に強くなれることが、大学病院で働く上でのメリットとなります。

大学病院では、たくさんの人と関われることも大きな魅力です。ドラッグストアでは、スタッフもしくはお客様、調剤薬局でも業者やお客様ぐらいしか関わる機会はありません。大学病院では、医者や看護師を含めその他専門職の方と一緒に仕事ができますし、新薬の開発等であれば製薬会社の方とも関わりが出来ます。限られた範囲内だけではなく、幅広いネットワークを構築できることも大学病院で働くメリットと言えます。

抗がん剤など、がん治療に直接関われることも大きなメリットです。抗がん剤では、副作用を最低限にまで落として、薬の効果を高めるように求められます。大きな病気の患者さんに携われることが出来ますし、何より自分が処方した患者さんの精神的負担を和らげることが出来るというのは、非常にやりがいに感じる場面であるということもよく耳にします。このような大学病院で勤務する為には、薬剤師として経験や能力が必要とされます。大学病院では、研修制度もしっかりしているので、今後のキャリアアップを考える場合の転職先としてオススメです。