大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 九州大学医学部附属病院の薬剤師求人

九州大学医学部附属病院の薬剤師求人

■九州大学医学部附属病院をピックアップ!大手有名大学病院の求人を見つけるには?

薬剤師転職支援サイトでは、条件の良い完全非公開求人を多数紹介してもらうことができます。
非公開求人とは、雇用者側が厳選して人材を選ぶ時に求人コンサルタントに依頼し、コンサルタントが人選をするために確保された求人枠です。
この非公開求人は、まだ市場に出ていないため、倍率が比較的抑えられています。
求人倍率の高い大学病院の募集などもあり、未経験からでもキャリアアップを目指して転職することが可能です。
なおここでは、九州大学医学部附属病院について取り上げています。
薬剤師転職支援サイトでは、このような大手病院の求人も、多数紹介してもらえます。

■九州大学医学部附属病院の特徴

九州大学医学部附属病院(正確には九州大学病院)は、福岡県福岡市東区にある大学病院です。
許可病床数が1200以上有り、一日あたりの外来患者数が2000人以上の大型の医療施設として有名です。
臨床教育研修センターを設けており、診療科と連携をとりながら実践的な医療現場で、人材が育成されています。
■九州大学医学部附属病院での業務@9部門で構成されている薬剤部

九州大学医学部附属病院の薬剤部は、薬務係、調剤係、注射剤係、薬品試験係、治験管理係など、その他を合わせて全部で9つの部門で構成されています。
ここでは、がん専門薬剤師や認定薬剤師も多数在籍しています。
また、がん専門の薬剤師研修事業もおこなっており、緩和医療や外来業務、抗がん剤調剤など、がんに対して専門性の高い技術を持った薬剤師の育成に、力を入れている病院です。

■九州大学医学部附属病院での業務A無菌室での注射薬の調剤

九州大学医学部附属病院では、薬剤師が注射薬の処方をおこなっています。
この業務では、まず処方せんの内容を細かくチェックし、調剤過誤が発生しないよう厳重に審査します。
もし不明点や問題点があった場合は、処方せんを出した医師に伝達し、問題があれば訂正をしてもらいます。
なお、注射薬の調剤は無菌室でおこなわれていて、大学病院内には調剤業務用にクリーンルームが設けられています。

■九州大学医学部附属病院から求人スカウトを受けるには?

転職支援サイトのキャリアコンサルタントは、日々病院や企業に営業をかけます。
そのときに雇用者側から、条件に合う人材探しを頼まれることもあるのです。
そのため、転職支援サイトに利用登録をしておくと、企業スカウトなど、あちら側からのアクションを受ける場合も!
九州大学医学部附属病院でもそうですが、スカウトが来た求人は、雇用条件が非常に良いことが多く、これまでよりも年収アップや待遇向上が期待できるでしょう。