大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 熊本大学医学部附属病院の薬剤師求人

熊本大学医学部附属病院の薬剤師求人

■熊本大学医学部附属病院の薬剤師求人を見つけるには?

常勤するとなると、毎日の通勤時間は出来るだけ短い方がいいですよね?
電車を利用するような地域だと、乗り換えがあると大変不便です。
薬剤師転職支援サイトでは、自宅から出来るだけ近い職場や、駅から徒歩でいける距離にある会社や病院などの求人を、多数紹介してもらえます。
また、紹介スピードも早いので、早く次の仕事を探したい人も安心して利用できます。
ここでは特定機能病院に設定されている大手大学病院でもある熊本大学医学部附属病院について取り上げています。
薬剤師転職求人サイトでは、このような大学病院の求人情報も、さらに詳しく紹介してもらえるので、ぜひ利用してみてください。

■熊本大学医学部附属病院の特徴

熊本大学医学部附属病院は、熊本県熊本市にある地域医療連携をおこなっている大学病院です。
許可病床数は800以上で、都道府県がん診療連携拠点病院に指定されています。
また、薬剤部薬剤師の研修生も募集していることがあり、人材の発掘にも力を入れています。
日本医療薬学会認定薬剤師や、糖尿病療養指導士、がん専門薬剤師が在籍していて、スキルアップの現場としては最適な環境です。

■熊本大学医学部附属病院での業務@試験研究業務について

熊本大学医学部附属病院の薬剤部では、試験研究業務がおこなわれています。
血中濃度オーダリングシステムを使い、薬物血中濃度を測定し、安全な医薬品の投与設計がなされます。
また、治験支援センターも設置されていて、研究職としての薬剤師の力を存分に発揮できる現場です。

■熊本大学医学部附属病院での業務A業務比率が大きい薬剤師の業務

熊本大学医学部附属病院では、医師と薬剤師の仕事領域をはっきり分けることで、医療過誤を防ぐ工夫をおこなっています。
これまでの医療の現場では、薬剤師の業務である薬剤管理指導等は、医師や看護婦が兼任していた事が多く、薬剤師が活躍できる場が少なかったという事実があります。
しかし、安全な医療の実現や医師の負担を軽減することが唱えられており、薬剤師と医師の仕事の徹底分業がおこなわれています。
今後は病院内での薬剤師の仕事が増えてくるものだと考えられ、求人増加にも期待が高まります。

■熊本大学医学部附属病院の薬剤師には、働きながらでも転職が可能!

自分でお仕事を探すとなると、働きながらでは実際のところ難しいと思われます。
現在のお仕事のスケジュールと、転職先の面接日の調整が合わないこともしばしばあります。
すぐに今の仕事をやめて面接日を確保すると、受からなかった時に困ります。
転職支援サイトのサービスを利用すれば、こちらから伝え難い面接日の調整もコンサルタントが代わりにおこなってくれます。
熊本大学医学部附属病院へ転職したいという人は、まずそういったサイトへ登録してみましょう。