大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 高知医科大学医学部附属病院の薬剤師求人

高知医科大学医学部附属病院の薬剤師求人

高知医科大学医学部附属病院は、高知県で唯一の大学病院になります。それもあって、がん診療連携拠点病院、高知県災害拠点病院などの指定も受けており、高知県で先進医療といえば高知医科大学医学部附属病院という状態です。そのため、薬剤師にも高いスキルが求められますし、スキルアップを望む薬剤師に人気の高い病院になります。

採用は、必要に応じて随時行われているので、こまめに高知医科大学医学部附属病院のホームページをチェックしていれば見つけることもできるでしょう。薬剤師の求人を行う場合、基本的には任期付の常勤職員ということになりますが、勤務状況によって任期のない常勤に変更されることもあります。大学病院においては、任期付の常勤職員での採用は一般的なので、あまり気にする必要はありません。募集はたいていすでに薬剤師免許を所持している者か、取得見込みの者両方を対象としており、特に新卒や中途に限定するということはありません。ただし、中途の場合は経験の内容は考慮してもらえますし、経験や年齢に応じで給料は変動します。

給料は、高知医科大学医学部附属病院の給与規定によりますが、大学病院勤務の薬剤師だからといって、特別給料が高いというわけではありません。むしろ薬剤師の場合は薬局などよりも病院勤務のほうが低い傾向があるので、給料だけで職場を選ぶのであれば、薬局やドラッグストアを選んだほうがよいでしょう。大学病院で働く最大のメリットである、スキルアップということにやりがいを見いだせないのであれば、ここで働く意味がありません。勉強会や研修会が多くて自由になる時間は減りますが、それでも薬剤師として成長したい、という志向の人にとっては、最高の職場ではないでしょうか。

高知医科大学医学部附属病院の薬剤師の選考は、1次試験が書類審査、2次試験として、面接と小論文が科せられます。採用後は、任期付常勤職員とはいえ、通勤手当、住居手当、扶養手当などの各種手当はありますし、夜勤の場合はもちろん宿直手当もつきます。保険などにも加入できるので、安心して働くとよいでしょう。土日祝日を含めた週休2日制なので、プライベートを充実させられるのもメリットです。

また、高知医科大学医学部附属病院では薬剤師の研修生も受け入れており、国家試験合格後に半年ほど研修を受けて、病院における薬剤師の業務を経験したり、講義を受けたりします。中にはこうした研修生から職員になるケースもあるので、スキルアップの意味も込めて受けてみてもいいかもしれません。