大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 神戸大学医学部附属病院の薬剤師求人

神戸大学医学部附属病院の薬剤師求人

■神戸大学医学部附属病院に転職するには?地方からでも見つかる薬剤師求人

地方在住の方は、都会と比べて求人が少ない傾向にあります。
ただそれは、表に出ていないだけの話で、実は探せばあるのです。
職安を利用して探すのもいいですが、そういった探し方では転職は成功しにくいのです。
なぜならば職安には、なかなか働き手が見つからないという募集先が多く求人を出していて、こういってはなんですが、条件が悪い求人が正直な話多いのです。
特に薬剤師のような専門職になると、なかなか見つけることは困難でしょう。
ですが、薬剤師の転職支援サイトを利用すれば、隠れた条件のいい求人が高確率で見つかります。
調剤薬局から始まり、都心部なら大学病院の求人も紹介を受けることがあります。
例えば、以下で取り上げている神戸大学医学部附属病院のような求人も見つかります。

■神戸大学医学部附属病院の特徴

神戸大学医学部附属病院は、兵庫県神戸市中央区にある特定機能病院に認定された大学病院です。
許可病床数は900以上で、エイズ治療拠点病院やがん診療連携病院として、指定されています。
がん患者の通院によるがん治療が可能な外来化学療法室も平成16年度から設けており、最先端の医療で地域に貢献している医療機関です。

■神戸大学医学部附属病院での業務@チーム医療で臨床試験をおこなう治験管理センター

神戸大学医学部附属病院の治験管理センターでは、薬剤師の他の医療スタッフと共同で患者様の協力の下、臨床試験をおこなっています。
新しいお薬を作るための正確なデータ分析と管理が薬剤師の業務のひとつです。
治験の実績も豊富で、今後も専門性の高い薬剤師が活躍できる医療の現場として、期待が高い業務だといえます。

■神戸大学医学部附属病院での業務A服薬指導で患者様がお薬を安全に使えるように説明

神戸大学医学部附属病院での業務には、服薬指導がおこなわれています。
これは、患者様からその他に服用しているお薬の有無を聞き、併用禁忌薬の説明や、正しい服用の仕方などを口頭や文章で説明するという業務です。
それにより、お薬の効果・効能を高め、副作用を軽減することが徹底されています。
また、その際に出た医薬品や患者様の症例などの新しい情報も、薬剤師が他の医療スタッフへすみやかに提供します。

■神戸大学医学部附属病院の他にも企業求人が多数登録!

薬剤師転職支援サイトでは、大手ドラッグストアの求人も多く抱えています。
ドラッグストアは新規開店が多いので、薬剤師の雇用促進に貢献しています。
こういった企業求人は、神戸大学医学部附属病院のような病院業務と違って、短時間パートなどもあり、家庭との両立がしたい人が、短時間の勤務を希望する場合に対して、募集要項がマッチした求人が多いです。
薬剤師転職支援サイトに登録すればスピーディーに、条件を満たした職場を見つけることが出来るのです。