大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 既卒歓迎の大学病院の薬剤師求人

既卒歓迎の大学病院の薬剤師求人

薬剤師の方には職場経験のない資格者の方がたくさんいます。女性が7割くらいの職業ですので、実際に資格をとっても結婚や出産によって職場に付かないケースは多いのです。ですが最近はそういった既卒・第二新卒(基本的に卒業後3年ぐらいまで)の薬剤師を歓迎する職場が非常に増えています。しかも家庭の事情を考慮して、シフト面や福利厚生に工夫を凝らしている所が増えています。そこで既卒・第二新卒の薬剤師を歓迎している求人を選ぶ際は、仕事内容が複雑でない職場を選ぶと良いかもしれません。

あるいはコツコツと調剤作業に没頭できる職場も良いでしょう。その理由は自分の専門職に集中できるからです。例えば大学病院の薬剤師は、医師の処方に従った調剤に専念できます。そして販売や接客といったサービス提供に戸惑う事もありません。この点は就職タイムラグのある方にとってはメリットです。また大学病院の薬剤師スタッフは、それぞれ担当割がキッチリとしていて、チームワークというよりは個々の責任で仕事を進めていきます。その為にスタッフ間の人間関係・上下関係の煩わしさが希薄です。つまりマイペースでの働き方を突き詰めていける職場でもあります。

そこで大学病院の薬剤師を目指す場合、まず既卒・第二新卒である理由をはっきりさせておく必要があるでしょう。大学を卒業して、すぐに就職をしなかった自分なりの理由は説明できるように準備しておきましょう。自分の事情ですので何も取り繕う必要はありません。ありのままの理由を的確に伝えるだけで済むはずです。ですから、自信のない答は避けましょう。『ただ何となく社会に出るのが不安だった』とか『その時は良い就職先がなかった』と抽象的な回答をするのではなく、自分の希望と現実のギャップがどの様に違っていたのかなど、客観的な説明をすると良いでしょう。何も、卒業後に即就職しなければいけないルールはありません。人生の進路に立ち止まる事は、むしろ慎重さの表れでもあります。自己の考え方をしっかりと主張してみてください。

ただし気を付けたいのは、『例え就職してもすぐに辞めてしまうのでは?』と思わせない様にする事です。気まぐれで就職をされては病院側も困ってしまいます。そうではなく、当医院を就職先に選んだ理由と、そこで自分がどう貢献できるのかを積極的に話しましょう。現在は高齢化社会が深刻化していて、病院不足と共に薬剤師が非常に足りていません。その為に、大学病院でも未就職の有資格者の囲い込みに積極的です。むしろ面接時にはアピールポイントを持って、『私はこの病院で地域の健康維持活動に貢献したい』と自信を持って伝えましょう。