大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 近畿大学医学部附属病院の薬剤師求人

近畿大学医学部附属病院の薬剤師求人

■近畿大学医学部附属病院の求人を見つけるには?経験豊富な薬剤師さんは、より高みを目指して!

薬剤師のお仕事は、非常に幅広いです。
調剤業務だけではなく、服薬指導や医薬品情報管理業務など、患者様や他の医療スタッフとのコミュニケーションを円滑にまわせる能力が必要でしょう。
これらのスキルが相応に備わっている人は、どんどんキャリアアップを目指していきましょう。
ただ、自分で転職先を探すとなると、キャリアアップが可能な職場はなかなか見つかりません。
薬剤師専門の転職支援サイトは、自分見つけることができない好条件、好環境のお仕事を登録ユーザーに紹介しています。
特に以下で取り上げている近畿大学医学部附属病院のような、求人倍率が高い職場をお探しの場合は、ぜひ利用したほうがいいでしょう。

■近畿大学医学部附属病院の特徴

近畿大学医学部附属病院は、大阪府大阪狭山市にある特定機能病院として認定された大学病院です。
大阪南部では唯一の大学病院として、地域医療に貢献しています。
許可病床数は900以上あり、大阪府の災害拠点病院にも指定されています。
また、治験コーディネーターの存在意義も重要視し、薬剤師やその他の医療スタッフが兼任して役割を担っています。

■近畿大学医学部附属病院での業務@治験の現場で他医療スタッフと連携

近畿大学医学部附属病院では、治験にも力を入れています。
治験の現場では、看護師や医師との連携により症例報告書や、副作用等のデータを薬剤師が作成します。
こういったチーム医療の現場に薬剤師がかかわれるのも、病院薬剤師ならではです。
今後の薬剤師としての業務は、データを分析・把握し、まとめあげる能力が求められる時代になってきています。

■近畿大学医学部附属病院での業務A医薬品の安全性と有効性データを作成

近畿大学医学部附属病院では、薬剤師がお薬の安全な使用ができるよう管理しています。
そのためには、医薬品の安全性と有効性のデータを集めなければなりません。
このデータ収集も薬剤師の業務領域であり、今後の活躍が期待できる分野でもあります。

■近畿大学医学部附属病院に離職リスクなしで転職するには?

自分のルートで仕事を探した場合よりも、薬剤師転職支援サイトを利用したほうが、離職率は低いというメリットがあります。
その理由は、キャリアコンサルタント方が、転職先に関する詳しい情報を、予めこちらに伝えてくれるからです。
もちろん、ここでお話した近畿大学医学部附属病院のような大手大学病院の情報も、転職支援サイトのサポートで把握することができます。
そのため、十分に吟味して転職先を選ぶ事ができるのです。
もちろん働いてみないとわからないこともあると思いますが、何も知らないままで就職するよりも、はるかに納得して仕事を続けていきやすいのです。