大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 鹿児島大学医学部附属病院の薬剤師求人

鹿児島大学医学部附属病院の薬剤師求人

■鹿児島大学医学部附属病院をピックアップ!大学病院の情報を把握して転職に成功!

薬剤師のお仕事求人は、普通の求人募集サイトにも掲載されています。
しかし、そういったサイトで転職先を選ぶより、薬剤師に特化した専門の転職支援サービスを利用したほうがメリットが大きいです。
薬剤師専門の転職支援サイトのサービスを利用すると、キャリアコンサルタントが転職に関するアドバイスをしてくれます。
このキャリアコンサルタントは、薬剤師の職場に関する情報を多く抱えており、ご自身が求める条件に合わせて職場を検索し、そこの情報を詳しく教えてくれるのです。
なお、ここで取り上げている鹿児島大学医学部附属病院もその中のひとつで、薬剤師転職支援サイトを利用すれば、これよりもさらに踏み込んだ業務内容を知ることができます。

■鹿児島大学医学部附属病院の特徴

鹿児島大学医学部附属病院は、鹿児島県鹿児島市にある大学病院です。
許可病床数は700以上で、特定機能病院および都道府県がん診療提携拠点病院に認定されています。
薬剤師の募集も病院特例常勤職員として採用している時があります。
また、女性患者を対象に、女性の医師が診療をおこなう女性専用外来が設けられているのも、この大学病院の特徴です。

■鹿児島大学医学部附属病院での業務@臨床実習による研修生の指導・育成を実施

鹿児島大学医学部附属病院では、大学院生や薬学部学生への臨床実習による教育もおこなっています。
在籍する薬剤師は40人以上で、大学院生11名がこの薬剤部に所属しています。
病院薬剤師として管理責任者を目指す人には、最適の職場環境といえるでしょう。

■鹿児島大学医学部附属病院での業務A持参薬鑑別業務について

鹿児島大学医学部附属病院の薬剤師の業務には、持参薬鑑別業務というものがあります。
これは、患者様が入院時などに持参するお薬を確認して、薬剤の有害事象を避けるためにおこなわれます。
持参薬剤管理が適正におこなわれることで、医療事故を防ぐ事ができ、患者様が安全にお薬を使用することができるのです。
この業務領域は今後、薬剤師の重要な役割のひとつとして、ますます確立されていくものだと考えられます。

■鹿児島大学医学部附属病院の求人も、ルートが確立されているから見つかる!

独自ルートや職安などで薬剤師の仕事を探しても、なかなか見つからないものですよね。
薬剤師専門の転職支援サイトは、医療関係との求人募集ルートが、しっかりと確立されているという強みがあります。
鹿児島大学医学部附属病院のような大学病院,もしくは企業の、数千件を超える求人募集数を確保しており、その中から条件に合わせてマッチさせるので、希望に沿った転職先が見つかりやすいのです。