大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 香川医科大学附属病院の薬剤師求人

香川医科大学附属病院の薬剤師求人

香川医科大学附属病院は香川県の中核病院として、先進医療も行う大学病院です。薬剤師の求人も必要に応じて行われており、常勤・非常勤ともに求人を行っている病院です。だいたい四半期ごとに求人を行っているので、香川医科大学附属病院のホームページの採用情報のところをこまめにチェックするようにしましょう。非常勤での採用であっても、勤務状況によっては常勤に変更になるケースもありますから、採用されたらまずは働いてみるのがおすすめです。

選考は筆記試験と面接によって行われます。特に変わった試験をするわけではりませんが、やはりたくさんの人が働く大学病院では、さまざまな人と連携を取ながら業務を進めることも多いので、コミュニケーション能力は大切です。そういう点では、面接も重要なので、練習しておいた方がいいかもしれません。

薬剤師が全国的に不足している中、香川県は人口当たりの薬剤師が多く、病院にとってもそれほど薬剤師が見つからないということはありません。逆に、薬剤師の側からみれば、比較的競争相手が多いということになりますし、香川医科大学附属病院のような大病院の求人となると、探している人も少なくありません。香川でスキルアップ転職をしたいと思う薬剤師の多くがチェックするのが、香川医科大学附属病院だからです。そのため、転職は簡単ではありませんが、それまでに薬局などで薬剤師として働きながらスキルアップをしたり、小さい病院で薬剤師として働いてみたりと、少しでも役に立ちそうな経験を積むことが大切です。

香川医科大学附属病院は採用人数は多くないものの、比較的頻繁に求人を行うということは、良い人材がいればいつでも採用したい、というのが根底にあります。もちろん、熱意だけで入れるものではありませんが、スキルアップを希望するのであれば、今の環境でどれだけスキルアップのための努力ができたかをアピールするためにもなんとなく働きながら求人を待つのでなく、役に立ちそうな仕事で腕を磨いておくのもおいでしょう。

香川医科大学附属病院は大学病院だけあって、教育の面でも非常に充実した研修制度や教育制度が整っています。薬剤師の場合も、常に勉強は必要な職種なのですから、勉強しやすい環境に身を置くことが大切です。若い薬剤師も多く活躍しているので、働きやすい職場だといえるでしょう。まずは非常勤の薬剤師として働き、徐々に認められると上に行くことができるので、頑張ってみてはいかがでしょうか。