大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 慈恵医大附属病院の薬剤師求人

慈恵医大附属病院の薬剤師求人

■慈恵医大附属病院のような大手病院の面接も安心!攻略のコツは?

結婚を転機に薬剤師のお仕事をやめた方や、離職期間が長くなると、新しい職場を見つけるのになにかと不安も多いかと思われます。
特に久しぶりの面接では、どういった対策をしていったらいいのか、わからなくなっている方も多いでしょう。
そういった方は、転職支援サービスを利用するといいです。
薬剤師専門の転職支援サービスでは、ただ単に転職先を紹介するだけではなく、担当者の方がその会社(病院や薬局)の特徴を、詳しくアドバイスしてくれます。
単独で調査してもなかなかわかりにくい転職先の全体像が、はっきりとしてくるので、面接にも自信を持って挑めるようになるのです。
例えばここで取り上げた慈恵医大附属病院の業務内容に関する情報も、転職支援サービスを利用すれば、もっと詳しい内容を知ることができます。

■慈恵医大附属病院の特徴について

東京都港区西新橋にある慈恵医大附属病院(正式には東京慈恵会医大附属病院)は、外来患者数1日平均3000人近く、許可病床数約1000の特定機能病院です。
先進医療にも積極的に取り組んでいる病院です。
入院患者の臨床栄養管理を徹底していて、ここの創始者は脚気の治療に麦ご飯の食事をいち早く取り入れたとして有名です。
なお、ここのグループ病院に柏病院というところがあり、そこには薬剤部が所属しています。

■慈恵医大附属病院での業務@専門薬剤師として活躍!チーム医療で現場を支える

慈恵医大附属柏病院の薬剤部では、薬剤師のチーム医療への参加を積極的におこなっています。
例えば、感染症の予防や蔓延の防止に取り組む感染対策チームでは、医師や看護師、検査技師と共に、薬剤師の専門的スキルを活かして業務にあたっています。
また、緩和ケアチームでは、がん患者の精神的苦痛や肉体的苦痛を緩和するのを目的として組織され、活躍しています。

■慈恵医大附属病院での業務A抗がん剤の調製業務

慈恵医大附属病院では、薬剤師が注射薬調剤をおこなっています。
抗がん剤や食事が出来ない患者にカロリー摂取を目的として、点滴製剤の調製などがおこなわれます。
市販されていないお薬を取り扱うため、より専門的な知識が求められます。
このように大手病院の薬剤師のお仕事は、専門性の高いものとなっています。

■慈恵医大附属病院に転職するコツは?資格を獲ってキャリアアップ

同じ薬剤師としての立場でも、職場が違えば仕事の中身も違うものになるでしょう。
特にキャリアアップを目指したい方は、今自分に何が足りないのかを明確に知っておく必要があります。
転職支援サービスでは、今後キャリアアップをするために必要な資格取得支援などもサポートしています。
資格を獲って専門性を深めれば、慈恵医大附属病院のような大手大学病院からでも、内定が貰えやすくなります。
サービスをうまく活用して、上手に転職をおこないましょう!