大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 非常勤の大学病院の薬剤師求人

非常勤の大学病院の薬剤師求人

薬剤師の資格者をチェックしますと、全体の70%以上が女性薬剤師となります。その為に結婚や出産、介護の必要などで途中退職をする方も多いですし、資格を取っても就職していない方も目立ちます。そこで最近慢性不足の薬剤師業界では、非常勤の形で薬剤師を雇用するシーンが増えてきました。特にドラッグストアや地域の薬局ではパートタイムの雇用を求める募集広告がたくさん見られます。

しかも給与条件は専門職に見合った額を提示していて、相場としては1時間1500円〜2000円になっています。そこでおススメなのが、慢性的に人材不足にある大学病院の薬剤師です。ここでは非常勤募集が増えています。非常勤の薬剤師を希望している方は、ぜひ大学病院での職場を探してみてください。ここはドラッグストアの様な忙しなさがありません。しかも少人数の職場になりますので、人間関係で悩む場面も少ないというメリットがあります。もちろん接客をする必要がありませんから、あくまでも薬の調合だけに集中できる点は、家庭での必要事項の多い女性の方には有利な職場だと言えるでしょう。

そこで非常勤雇用の求人を選ぶ時のポイントですが、まず希望する時間帯で働けるかどうかを確認しましょう。もちろん求人内容には時間応談とありますが、直接職場に問い合わせてみる様におすすめします。現在では薬剤師が慢性的に不足状態で、雇用側としては忙しい時間帯を優先して採用したいのが本音です。それでナシ崩しに希望外の時間帯でシフト組む可能性があります。ですから事前にシフトについては言及しておくべきです。この点は応募者に引け目があるかもしれません。わがままを言ったら採用されないと心配する方もいるでしょう。ですが、ここはシビアにいきましょう。ダメならば他の求人を当たれば良いだけの事です。はっきり言って、大学病院の非常勤の職場は売り手市場です。薬剤師に有利な状況にある事を自覚しておくと良いでしょう。

非常勤勤務ですので、副業や掛け持ちの仕事としても有効でしょう。中には2か所の大学病院で非常勤をしている方もいます。こうしますと仕事内容で戸惑う事はありません。慣れた仕事ですから安心して働く事ができます。それに非常勤の方が時間給も高いために、短時間で高収入を得る事もできます。副業として働くにはメリットのある職業です。そこで面接時に時給交渉をして見るのも一つの手です。スキルや経験に自信のある方は、しっかりと自己アピールをして賃金交渉をしてみましょう。決して図々しい話ではありませんのでおススメします。