大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 浜松医科大学附属病院の薬剤師求人

浜松医科大学附属病院の薬剤師求人

浜松医科大学附属病院では、毎年薬剤師の新卒採用を行っています。採用人数は多くありませんが基本的に毎年採用を行うことによって、しっかりと密度の濃い研修を行うことができ、薬剤師としての成長を促します。中途採用も行っていないわけではなく、現在の薬剤部でも他病院や薬局などでの勤務経験がある薬剤師が何人も活躍しています。また、全国各地の薬学部を卒業した薬剤師が集まっており、地方からの就職でもなじみやすい環境です。

求人がある場合は、浜松医科大学附属病院のホームページに記載されることが多いので、こまめにチェックしておくとよいでしょう。それほど頻繁に行われるわけではありませんし、採用人数も多くはありませんが、とにかく求人を見つけないことには応募も出来ません。入職希望者は、事前に連絡することで病院内や薬剤部の見学をすることができるので、見学に行って採用に関しても質問してみるのがよいでしょう。実際の職場の雰囲気なども感じられるため、安心して応募することができます。

浜松医科大学附属病院では、しっかりとした新人研修を行うほか、自身のスキルアップのための研修なども数多く行われています。大学病院に勤務する薬剤師として医療の最前線の知識を身につける必要がありますから、常に勉強する姿勢は重要です。薬剤師として調剤や薬剤管理などを行う一方で、より安全に高い効果を出すための研究や研修を行うことも重要で、それが薬剤師としてのやりがいにもつながっています。大学病院ならではの幅広い業務が経験できるのも、浜松医科大学附属病院に勤務するメリットといえるでしょう。浜松医科大学附属病院では、自身で採用した薬剤師の教育を行うだけでなく、付近の小規模薬局などで採用された薬剤師の研修を行うこともあります。地域の中核病院として、また国立大学の附属病院として、多くの人が安心して薬局を利用できる環境づくりは大切です。そういった点でも浜松において重要な役割を果たしています。

国立大学の附属病院ということで、給料はそれほど高くないものの、安定性は抜群です。給料も、高くないとはいえ、同年代のサラリーマンに比べれば高い金額になりますし、長く働くことで上がっていきます。女性にとっても、産休が取りやすいなど、長く働ける環境は魅力的でしょう。安定した環境でじっくり勉強し、薬についてスキルップが計れるということで薬剤師にとっては魅力的な環境になるのです。