大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 群馬大学医学部附属病院の薬剤師求人

群馬大学医学部附属病院の薬剤師求人

群馬大学医学部附属病院では、平成25年度から薬剤師レジデント制度を導入しています。薬剤レジデントとは、大学で学ぶだけでなく、より実践的かつ専門的な知識と技術を身につけた薬剤師となるために、現場で体験しながら研修を受ける研修生のような制度で、現在大学病院を中心として導入する病院が全国的に増えつつあります。基本的には2年ほどのレジデント期間になりますが、その期間中も給料が支給されるため、経済的に安定した状態で研修を受けることができ、積極的なスキルアップができるのがその特徴です。

群馬大学医学部附属病院の場合は、レジデント薬剤師と通常の薬剤師を並行して募集することも多く、本人が選択して応募することになります。ただし一般の薬剤師として採用されても、翌年レジデント試験を受けてレジデントになることはできますし、レジデントとして2年研修を受けた後も契約を継続する場合は一般薬剤師ということになります。つまり、若い薬剤師にとってレジデント制度は、給料をもらいながら高度医療の現場で毎日学ぶことができる非常に恵まれた制度だということになるのです。群馬大学医学部附属病院では、1年目は基本的な知識や技能の習得のための調剤業務の研修を中心に行い、2年目以降は病棟薬剤管理指導など、より専門性の高い業務について経験を重ねていきます。群馬大学医学部附属病院でレジデンスを経験した薬剤師は、群馬大学医学部附属病院の常勤薬剤師として優先的に採用されることになります。

給料などに関しては、レジデントとして採用されるのも一般薬剤師として採用されるのも違いはありません。年棒制をとっており、賞与や退職金を含んだ形で、年棒を12で割った額を毎月支給されることになります。資格は薬剤師免許があるか、薬剤師免許取得見込みということなので、新卒でも中途でも応募することは可能です。ただし、新卒の場合は国家試験に受からなかった場合採用は取り消されるので、必ず合格するように勉強しておきましょう。世間では薬剤師は不足していることで売り手市場になっていますが、実践的かつ専門的な研修によってスキルアップできるレジデント制度を取っているということもあって、群馬大学医学部附属病院の薬剤師求人は人気が高く、向上心のある若い薬剤師から注目を浴びているのです。レジデントにしても一般薬剤師にしても最長5年間の契約ではありますが、そこから正職員になった人もいますし、群馬大学医学部附属病院でのレジデント経験は、それ以降の薬剤師人生に役に立つのは間違いありません。