大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 岐阜大学医学部附属病院の薬剤師求人

岐阜大学医学部附属病院の薬剤師求人

東海地方の一つに位置する岐阜県には大きな大学があります。それは岐阜大学ですが、その大学に付属した病院があります。岐阜大学医学部附属病院には2013年9月現在、薬剤師の求人募集が行なわれています。では、岐阜大学医学部附属病院の薬剤師の求人とはいったいどのようなものなのでしょうか、またその大学病院にはどのような特徴があるのでしょうか。

岐阜大学医学部附属病院では、薬剤師とさらに治験コーディネーターの募集を実施しています。薬剤師の募集要項では、若干名の募集があり、応募資格は大学卒業もしくは見込みの方、大学院卒業もしくは修了見込みの方、既卒者でも薬剤師免許を持っていれば応募可能となっています。待遇は常勤講師としての採用で、研修期間に関しては1年間非常勤職員の待遇となります。給与は岐阜大学の規定に従って支払われ、手当は期末や勤勉の他、住宅・通勤手当があります。保険も完備され、有給は半年後に10日あります。職務内容としては後述する薬剤部業務全般です。

治験コーディネーターの採用は、岐阜大学医学部附属病院の治験管理センターの職員として行なわれます。募集員数は若干名、応募資格は大学もしくは大学院卒業または修了見込みの方で、治験業務経験者でも応募可能。待遇は常勤職員で、研修期間については非常勤職員と同じ待遇です。給与は岐阜大学給与規則に則って支払され、手当は期末手当の他に住宅・通勤手当などがあります。保険も各種完備しており、有給休暇は採用半年後に10日分もらえます。

岐阜大学医学部附属病院の薬剤部では、基本方針に記述されているように治験に関して力を入れています。基本方針は主に薬剤業務、教育と一緒に治験に関する方針を打ち立てています。薬剤部の業務は大きく10部門に分かれて行なわれています。調剤部門では、外来入院患者の調剤など、製剤部門では院内製剤の調製や抗がん剤・TPNの無菌調製を実施。薬品試験部門では薬物血中モニタリングや医薬品の品質試験などを行い、感染制御部門では抗菌剤の適正使用や、地域の薬剤師に対する指導を行ないます。薬剤管理指導部門においては入院患者の薬の指導、薬品管理部門では医薬品の保管や購入計画を行ないます。医薬品情報管理部門では、医薬品に関する情報の収集や、提供などを行います。中でも特徴的なのが、DIニュースという広告物の発行を行なうことです。また治験管理部門も薬剤部に含まれ、治験薬の保管や治験コーディネーター業務を遂行します。