大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 激務でない大学病院の薬剤師求人

激務でない大学病院の薬剤師求人

大学病院の薬剤師は、いろいろな分野における業務を担当しています。一般の病院勤務の薬剤師であれば、調剤と投薬管理、病棟勤務をすべて一人の薬剤師が行うことが多いですが、大学病院では、調剤と病棟担当は多くの場合、明確に部門分けがなされていることが多くなっています。それぞれの部門で、業務内容は異なりますが、共通して言えるのは、毎日たくさんの業務があってかなり忙しいということです。常にたくさんの患者さんを抱えていますし、難しい症例が一般の病院よりも多いことから、症例研究をしたりカンファレンスをしたりする必要性も必然的に多くなります。もちろん、一人一人の患者さんのケアに当たる時間も長くなります。こうしたことから、一般的に大学病院の薬剤師の仕事は激務となっています。

しかし、若いころは激務でも体力的にも精神的にも問題ないかもしれませんが、年を重ねるうちに激務を続けていくことはきつくなっていきますし、高いレベルの仕事が求められる現場では仕事に影響する可能性もあります。さらに、結婚して子どもを持つようになると、毎日が忙しく残業もあるような職場だと、家庭との両立が難しくなってくることも考えられます。それで、激務ではないという大学病院の薬剤師求人を探す人が増えています。具体的には、残業が少なめであることや、夜勤シフトの回数が制限されていること、休日出勤が少ないこと、毎日のシフトが余裕のある人数で回されていることなどが含まれます。こうした条件であれば、ある程度余裕を持って毎日の業務を行えますので、常にフルの力で働くことができますし、家庭との両立も難しくなくなります。

多くの大学病院で、職員の働く環境を改善する取り組みがなされていますし、より即戦力のある人材を集めるためにも、激務でない業務とすることを考慮するようになっています。そして、より多くの人に応募してもらえるように、求人の中にもそのことをはっきりと記すようになっています。そして、具体的にどんな取り組みをしているかをデータを挙げて説明もしています。こうした求人を見つけることができれば、大学病院のスタッフの職場環境を大事にする姿勢を見ることができますので、福利厚生や職場の質のことを大事にするところだと考えられるでしょう。高度で専門的なスキルを身に付けられるというのが魅力の大学病院ですが、働く環境や労務関連の問題も重要ですので、激務でないところを探すというのは十分に意義のあることと言えるでしょう。