大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師の将来性

大学病院の薬剤師の将来性

「薬剤師は飽和状態」だという話は以前から聞こえてきますし、一方では「薬剤師は人材不足」だと言われています。さて、どちらが正解なのでしょうか。

「薬剤師は飽和状態」というのは本当の話で、現在、薬科大学や薬学部を卒業する学生数に比べ、薬剤師の新卒求人数は圧倒的に少なくなっています。それによって「薬剤師の資格は持っているけれど薬剤師の仕事には就かない」という人口が増えていますし、大学病院勤務の薬剤師でも、結婚や出産を機に仕事を離れたという女性も多くいます。つまり、資格はあっても仕事に生かされていない人がたくさん存在していることになります。

一方、「薬剤師は人材不足」というのもある意味では正解です。とくにドラッグストアや調剤薬局では、人材が足りずに募集をかけている店舗がたくさんあります。人材不足が続いている背景には、ドラッグストアや調剤薬局の店舗が急激に増えたという現状があります。成長中のドラッグストアは店舗を急激に拡大していますし、医薬分業が進んだ今日では調剤薬局も乱立しています。

また、都会よりも地方のほうが薬剤師不足が深刻だという現状もあります。もともと、求職中の人は求人数の多い都会に集まる傾向にありますし、同じ仕事をするなら少しでも時給の高い都会の職場のほうがいい、と考えるのは自然なことでしょう。大学病院の求人でも、都会にある病院のほうが人気が高くなっています。

将来的に薬剤師の職に就かない資格所有者が極端に減ることはありませんので、このまま飽和状態は続きます。また、人材不足についても同じように続いていくでしょう。薬剤師不足の問題を解決するために、調剤助手でも調剤を行えるようになる調剤助手制度(テクニシャン)の導入も検討されています。

では、大学病院の薬剤師の将来性についてはどうでしょうか。大学病院では極端な人材不足は起こっていません。今後も新卒採用を中心に人材を確保していくことになると考えられます。ただし、病院の専門分野の強化や多様化は、今後ますます進んでいくでしょう。薬剤師には、より高い知識や能力が求められるようになります。

大学病院の薬剤師は人気のある職種です。今後は、最新医療など専門分野への知識が深い薬剤師、外国語が堪能でグローバルな視点をもった薬剤師など、より才能を極めた人材が重宝されるようになるでしょう。同じ薬剤師であっても、業種や職種によって求められる能力は異なります。将来的には、それぞれの職場が求める能力に大きな違いが出てくるでしょう。