大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 復職(ブランク明け)に人気の大学病院の薬剤師求人

復職(ブランク明け)に人気の大学病院の薬剤師求人

薬剤師資格者は70%以上が女性であるために、結婚や出産・育児、そして介護など家庭の事情で離職をするケースが多々あります。それで、そろそろ仕事に復帰したいと思った時に、やはり心配になるのが数年間に及ぶブランクでしょう。もちろんスキルや知識がすっかり衰えた訳ではありませんが、『復職しても足手まといになりたくない』とか『新薬がたくさん出回っていて、そういった知識の入れ替えに付いていけない』といった気遅れはあります。

また職場でもブランク明けの復職を採用し難い事情もあります。端的に言えば、再教育の時間と費用を負いたくないと考えます。ですが、少子化による働き手の減少傾向と、高齢化による薬剤師のニーズ拡大が相乗効果を起こして、ここ数年間はドラックストアや製薬会社だけでなく、大学病院でも薬剤師の求人が急増しているのです。その為に雇用条件も大きく見直されていて、給与面はもとより、ブランク明けの資格者でも積極的に採用するシーンが増えています。ただし、復職希望者には家庭の事情があるために、正規雇用で採用できるとは限りません。むしろ多くの方がパート・アルバイトの非正規雇用を望んでいるのが現状です。

そこでブランク明けの復職希望の方は、次の点に注目してください。まずブランク明け専用研修制度を実施している大学病院を選びましょう。この制度がしっかりしている所は、積極的にブランク明けの方を採用してくれます。またフルタイムではなく、パートタイムでの職場を探している人は多い事でしょうが、シフトが自分の希望と合っている求人に絞り込みましょう。先にも言った通り、今は超売り手市場です。また勤務時間が控除内で収まるかどうか?時給が相場以上かどうか?など、細かな雇用条件や職場条件にも注目しておきましょう。無理な条件で就職するのは損です。焦らずに、じっくりと求人を探してみる様におすすめします。

それから、大学病院の職場環境を覗けると良いでしょう。働きやすさを見極めるには、実際に見学できると安心です。もし見学できなくとも、目当ての大学病院を何度か尋ねて、そっと様子を伺う事は出来るでしょう。そこで働いている薬剤師の様子や職場の感じをチェックして、自分が受け入れられるかどうかを判断してから応募する事も得策です。くれぐれも求人広告の記事だけで判断しない様にしてください。また詳しい事が知りたい場合は、思い切って直接問い合わせてみましょう。丁寧に応対してくれる職場であれば働きやすいかもしれません。