大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師の面接対策

大学病院の薬剤師の面接対策

大学病院の薬剤師の仕事は、他の薬剤師の仕事とは大きく異なります。そのため、採用面接に臨むには、大学病院で働くことを前提とした対策が必要になります。

では、具体的にはどのような対策が必要になるのでしょうか。大学病院の薬剤師は、調剤業務の他にも薬品の在庫管理、服薬の指導、チーム医療への参加、研修への参加、教育、治験業務など幅広い業務を行います。大学病院の面接官は、多岐にわたる仕事を任せられる人材かどうかを面接で見極めます。ですから、面接の場では、「一般の病院や調剤薬局ではなく、なぜ大学病院を選んだのか」「採用されたら、どのようなことができるのか」という点をうまくアピールしていくことが大切になります。

たとえば、大学病院での仕事では、外来の患者さん、入院中の患者さん、医師や看護師、他のスタッフなど、さまざまな立場の人たちと接する機会が多くなります。人と接する仕事には向き不向きがありますが、向いているかどうかは履歴書だけではわかりません。患者さんへの対応力や、医師や看護師とのコミュニケーション能力があるかどうか、人間性については、面接の場で判断されることになるでしょう。

患者さんへの対応やコミュニケーション能力に自信がある人は、面接の場でアピールしていきましょう。それまでの職場で患者さんやスタッフと接する機会が多かった人は、具体的なエピソードを用意しておくといいでしょう。「学生の頃、人数の多いサークルをまとめていた」などの経験談も強みになり得ます。

また、大学病院の薬剤師の場合、新薬開発や治療法の研究に携わることもあります。学生時代または卒業後に、研究開発の分野に熱心に取り組んでいた人は、その経験がアピールポイントになる可能性が高いです。面接の前に、「どのような研究をしてきたか」「今後、何を課題に取り組んでいきたいか」などについてまとめておくといいでしょう。実績と熱意を示すことが評価へとつながっていきます。

大学病院での勤務を希望している人は、病院ごとに個性や特色があることも理解しておきましょう。その大学病院の立地や得意分野、歴史など、さまざまな要因によって薬剤師の仕事内容や勤務体系も変わってきます。目指す大学病院がある場合は、まずはホームページなどから情報を収集して、病院について多くを知ることが大切です。「この病院はどんな薬剤師を求めているだろう?」とイメージすることが、面接の対策にもつながっていきます。