大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師と英語力

大学病院の薬剤師と英語力

最近どの業界でも高い英語力が求められるようになっていますが、薬剤師の世界でも例外ではありません。とりわけ、大学病院での就職を考えているなら、なおさらです。

近年、医療関連の仕事でも英語力を求める求人が多くなってきました。その理由は、日本に住む外国人が増えてきたことに加え、観光などで一時的に訪れる人の対応や、日本の高い医療を求めて外国から病院にかかりにくる人が多くなってきたことにあります。当然、薬を扱う薬剤師もそのスキルを持っていると有利なのは言うまでもありません。その中でも、特に必要とされるのが大学病院での求人です。

理由としては、まず海外との交流が多い、ということが挙げられます。研究機関の一つとして、外国の研究員を招へいしたり、相互研修を実際したります。また、より質の高い医療を目指して、外国の大学との提携を行っているところも多いため、自然と英語を使ったコミュニケーションが多くなります。

また、最新の医療や医薬品を扱うため、海外の論文や製品に触れる機会が、一般の病院に比べ圧倒的に多くなります。新薬の臨床試験をする時などは、海外の文献を参考に準備をし、実際の試験を進めることが多いため、単なるコミュニケーションのための英語だけでなく、高い医療分野での専門用語を知っていることが求められます。さらに、大学病院という性質上、特殊な病気や症例を扱うことも高い確率であります。その際には、日本の研究や資料だけでなく、世界各国の論文などをあたって勉強することも珍しくありません。そのため、薬剤師としても日頃から海外の文献に慣れ、高い英語力を培っておくのは、とても重要なことと言えます。

また、大学病院では製薬会社との連携で様々な研究開発を行っていますが、最近では外資系企業の参入が多くなっています。そのため、資料はもとよりスタッフも英語を話す人が増えてきています。そのため、スムーズに仕事を行っていく上でも、より豊富で質の高い海外のデータを研究に活かすためにも、英語力を身につけ活用するのは、今や必須と言っても良い状況になりつつあります。

たいてい医師は英語の文献を読み、英語で論文を書くことは普通のスキルとして持っていますが、薬剤師は人によります。そのため、大学病院での就職を狙い、狭き門であるこの職場に入るためにも、高度な英語力という武器を持っているなら、他との競争に差をつけることできますので、苦手な人はチャレンジしてみることをお勧めします。