大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 愛媛大学医学部附属病院の薬剤師求人

愛媛大学医学部附属病院の薬剤師求人

四国にある大学の一つに愛媛大学があります。その大学に付属する病院において、薬剤師の募集を行なっています。では、その内容はいったいどのような募集になっているのでしょうか。

2013年9月現在では、平成26年度の薬剤師の募集は終了しています。参考までにその内容を記載すると、募集人数は6名で、常勤薬剤師の採用を行なっており、応募資格は平成25年度卒業生で、薬剤師の免許取得予定者もしくは既卒で薬剤師の免許取得している方も対象となっています。試験内容は面接や小論分、英語や実技試験、適性試験です。手当は通勤や住居、期末手当に退職手当もあります。社会保険は各種完備、勤務時間は1日7時間45分です。当直勤務もあります。

薬剤部としての業務は、調剤室、麻薬管理室、注射薬管理室、製剤室、薬品情報管理室、薬務室、試験室(TDM)、薬剤管理指導室、治験薬管理室、専門・認定薬剤師とチーム医療です。調剤室においての業務は、入院や外来患者に調剤を行なうことがメインとなっており、その業務の流れは、医師から電子カルテに情報を入力すると、自動的に処方箋が出力され、その処方箋をチェックした後、調剤を実施。それに疑問がある場合に関しては医師に直接相談を行ないます。問題が無ければ調剤し、最終的には他の薬剤師によるチェックを受けた後、薬は各病棟に送られます。

麻薬管理室においては、医療用の麻薬の管理や保管などの管理業務と、手術部における麻薬や向精神薬などの管理を行ないます。注射薬管理室では、注射薬の個人別セットの払い出しを行ないます。製剤室においては院内製剤の提供と、注射薬の無菌的混合調製を実施。薬品情報管理室においては、医薬品の適正利用を目的とした医薬品情報や書籍、文献などの収集や管理を行ないます。また様々な情報を加工し、DIニュースとして、院内の医療スタッフに発信します。

また特筆すべきポイントは、チーム医療です。がん化学療法チームを設立し、医師や看護師、薬剤師、栄養士などの各職種の役割を理解、コミュニケーションを行ないながら、安全で安心ながん化学療法を実施しています。内容としては薬剤指導で外来初回に対する患者さんへのオリエンテーションなどを行ないます。また抗がん剤を継続的に使用すべきと判断した場合では、副作用のモニタリング等も実施します。また、毎日のミーティングと毎週のカンファレンスを実施、各役割ごとに円滑なコミュニケーションを図りつつ、問題解決に向けた対応策を検討しています。