大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 中途採用が多い大学病院の薬剤師求人

中途採用が多い大学病院の薬剤師求人

大学病院での薬剤師の働きは多岐にわたります。大きく分けると、病棟勤務と調剤担当とになります。もちろん、この他にも研究や教育に携わる人もいますが、全体としては少ない人数です。どの部門で働くにしても、大学病院の薬剤師には高いスキルと専門性が求められます。全国的に見ても珍しい症例の患者さんが集まってきますし、常に最新の技術とアイディアを活かした医療が実践されているため、薬の分野におけるスペシャリストである薬剤師にも相応のスキルが求められるのです。こうしたことから、大学病院では新卒の採用だけでなく、すでに高いレベルの専門知識と経験を持つ人を採用するため、中途採用に積極的という側面があります。

中途採用で薬剤師を募集する際には、多くの場合細かな募集条件が設定されています。特に、実務経験や専門分野についての基準は明確にされています。特定の分野での薬剤師の経験を5年以上積んでいることなど、経験年数についての明示もありますので、求人をチェックする際には、自分の持っているスキルと合っているかをしっかりと確かめなければなりません。全体的には、中途採用の場合の薬剤師求人は、給与も高めに設定されています。今までの実務経験の年数を勤務したという仮定で、昇給分が計算されているからです。もちろん、部署やスキルの状況によって給与が変わる可能性もありますので、きちんと確認しておきましょう。

このように、中途採用の大学病院からの薬剤師求人は比較的恵まれていると言えますが、全体的に求人数がかなり少ないという難点もあります。というのも、全国の大学病院の薬剤師求人は人気が高く、たくさんの人が応募して働いている上、長年に亘って働く人が多いため、空きが出ることがあまりないからです。また、大学病院の薬剤師の中でも、いわゆる正社員ではなく契約社員として勤務している人も多いため、正社員の空きが出ると契約社員の中から登用されるケースが多いという事情もあります。

そこで、狙っている大学病院からの中途採用の求人が出たら、めったにないチャンスだと思って、すぐに応募するようにしましょう。時機を逃すと応募者がいっぱいになってしまって、応募が早期で締め切られてしまうことも多いからです。そして、激しい競争に勝ち抜くために、しっかりと自己PRをすることも欠かせません。スキルがある人を優先的に採用する傾向がどこよりも強いので、今までの経歴をしっかりとまとめるとともに、面接対策をしっかりとして自信を持って自分のスキルをアピールできるようにしておきましょう。