大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 大学病院の薬剤師に多い転職理由

大学病院の薬剤師に多い転職理由

大学病院の薬剤師は人気の職種です。多くの病院では新卒での採用が多く、中途で入りたくても求人数が少ないというのが実情です。ただし、求人が全くないわけではなく、各大学病院のホームページなどでも若干名の求人情報を載せているところがたくさんあります。

大学病院が新卒だけではなく中途採用も行う理由は、まず、業務の拡大などで人手不足となっているケースが挙げられます。もう1つのケースは、退職者の穴埋めです。どのような職場にも言えることですが、新卒者を採用しても、2〜3年で退職していくスタッフはいます。大学病院の薬剤師は人気職種ですが、辞めて転職をする人がいるのも事実です。では、転職していくケースではどのような理由が多いのでしょうか。

大学病院の薬剤師の転職理由としてまず挙げられるのは、年収への不満です。調剤薬局やドラッグストア、一般の病院や製薬会社など、薬剤師の働く場はたくさんありますが、大学病院の場合は他の職場に比べて仕事内容が幅広くなっています。調剤業務や薬剤管理だけでなく、患者さんの投薬計画をたてたり、医師と連携したチーム医療に取り組んだり、研究開発に携わったりと、その業務は多岐にわたります。やりがいのある大きな仕事がたくさんありますが、それだけ収入が多い、というわけではありません。調剤薬局や一般病院に比べても、平均年収は同じくらいか低めとなっています。仕事内容の割には収入が少ない、と感じている人が転職を考えているのです。

また、勤務の不規則さというのも、大学病院の薬剤師を辞める大きな理由になります。医薬分業が進み、病院の外来患者さんは病院外の薬局で調剤してもらうことが多くなっています。そのため、大学病院勤務の薬剤師の場合、入院中の患者さんのための調剤や投薬に関する仕事をするケースがほとんどでしょう。病棟での勤務では、交替制の勤務が一般的です。日勤のほかにも準夜勤や夜勤があります。家族をもっている薬剤師の場合、やはり勤務の不規則さはネックになることが多いでしょう。日勤のみの職場を希望して、転職をするという人も多くなっています。

大学病院の薬剤師が転職をするのは、年収や勤務体制が理由である場合が多いです。仕事の幅が広くやりがいのある仕事ではありますが、収入面や勤務時間などの現実面を考えて転職する人が多くなっています。これから大学病院に就職したいと考えている人は、薬剤師の仕事や待遇などについて、さまざまな面から見てみるようにしましょう。