大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 病院未経験歓迎の大学病院の薬剤師求人

病院未経験歓迎の大学病院の薬剤師求人

病院薬剤師の仕事は薬品知識が豊富で調剤経験に優れた方ばかりが働いているといったイメージがあるかもしれません。一般的にはジェネラリストとも呼ばれていて、薬品のエキスパート的な熟練者が調剤業務や治験業務を始めとした医療の現場で活躍していると思われがちですが、必ずしもそうではありません。特に大学病院では新卒の薬剤師を多く採用する傾向があります。この様に新人を登用し、現場で実践的に育て上げていく世界でもあります。ですから病院未経験の薬剤師でも大学病院で働く事は十分に可能です。例え他の職場で薬剤師として働いている方でも、未経験を理由に大学病院の求人を排除するのはもったいないと言えるでしょう。

実際に病院未経験者歓迎を募集要項に掲載している求人は少なくありません。特に大手の独立行政法人系・大学病院系の職場では多数の診療科目を有するために、その科目ごとに調剤薬局を設定しなければなりません。一つの薬局自体は少人数で小さいですが、トータルすれば相当のスタッフ数になります。ですから、必然的にベテランの薬剤師だけを募集する事が不可能なのです。むしろ未経験者を積極的に採用して、先の通り実践の中で教育を行っていく場面もあります。そういったところでは、ベテラン薬剤師の人数が多く、彼等を介して新人導入の研修制度・教育プログラムを準備しています。つまり未経験者受け入れの環境が整っているのです。ただし経験者・スキルの高い薬剤師を求めている事には変わりありませんので、未経験者の採用優先順位が低くなるのは仕方がありません。

そこで病院未経験者が求人に応募する際の注意点ですが、できれば20代の有資格者であるべきでしょう。さすがに30代後半以降の方では基礎教育の手間が掛かりますし、実力と給料とのバランスがとり難い事があります。例えばドラッグストアでも調剤経験があれば、それはスキル・知識のベースとしては評価されて採用もされる可能性が高いでしょう。つまり中年の方で実際に調剤経験がない方は要注意でしょう。では採用面接の時に気を付けるポイントですが、これまでに薬剤師として携わってきた仕事内容で、病院勤務に有効なスキル経験を的確に説明する様に準備しましょう。面接では具体的なケースを1つ2つ例に挙げて、端的に話す様にすると好印象です。こういった総括力が仕事の理解力とその応用力を証明するポイントとなります。これも事前の準備如何で完成度が変わりますので、丁寧に取り組む様にしていきましょう。