大学病院の薬剤師の求人・トップページ > アルバイトの大学病院の薬剤師求人

アルバイトの大学病院の薬剤師求人

今アルバイトの薬剤師が大変活躍しています。もともと薬剤師資格を持っているのは女性の方が多く、その男女比率は7:3で女性優勢の職業となっています。これまで日本社会では、まだまだ女性は家事等に忙しい事から、なかなか職場で活躍できる場面が少ないという事情がありました。その難題を打開すべく行政もバックアップをし、現在では女性が働きやすい雇用条件が工夫されています。その一つがワークシェア的なアルバイト雇用です。

もちろん給与面では専門職に相当のレベルを提供していて、相場は1時間1500円〜2000円をベースにしています。それを好意的に受け止めた未就職の女性薬剤師が、自分の動きやすい時間帯を利用してどんどん職場に参加する様になりました。また他の福利厚生でも女性の働きやすさに積極的に貢献する工夫もなされています。これは大学病院のアルバイト雇用でも同じで、保育所の提供や勤務シフトの柔軟性があります。アルバイト雇用を希望している薬剤師の方は、ぜひ大学病院で職場を探してみてください。仕事内容が調剤中心で、接客や販売ノルマを気にしなくて良く、また職場人数が少ないという事もあります。少人数で役割分担がきちんとしていますから、他のスタッフと難しい人間関係になり難いという事もあるでしょう。この点は、日頃家の事で忙しくしている主婦にとってもメリットでしょう。

アルバイト雇用の求人を見つける時のコツがあります。最も優先する部分はシフト割と通勤の利便性でしょう。家事に忙しい女性ならば、交通の便が良くて途中で買い物などが出来る大学病院を探すと良いでしょう。また副業として薬剤師を行う場合も同様です。勤務時間にアクシデントの発生し難い大学病院勤務は最適です。もしこれがドラッグストアであれば、キャンペーンやセールなどで急に忙しくなった時に立場が悪くなりがちです。あるいはシフト変更も受けなければならないかもしれません。つまり希望する時間帯で働けるかどうかが肝心なのです。確かに募集条件に時間応談とあるでしょうが、雇われる側として堂々と主張し難い部分でもあります。ですから事前に問い合わせておく事をおすすめします。

そこで面接時のアピールですが、中途採用の面接では自分のスキルや経歴を自信を持って話す様にしましょう。大学病院では即専門パートを補充できる人材を探しています。ですから、職場でのノウハウを始めから教育する手間を省きたいのが本音です。自分が配属される職場で何ができるかをしっかりとアピールしてください。その際に実績と経験を踏まえて説明するのが好ましいでしょう。