大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 50代向けの大学病院の薬剤師求人

50代向けの大学病院の薬剤師求人

大学病院からの薬剤師求人は、30代が圧倒的に多く、次いで20代、40代となります。50代の薬剤師求人となると、かなり限定されてしまい、なかなか求人を見つけること自体が難しくなるというのが現状です。というのも、大学病院などの医療機関での薬剤師の働きは、かなり多岐にわたることや、ハードな仕事が要求されることも多いこともあり、体力があり自由が利きやすい若手が求められているからです。もちろん、じっくりと全国の大学病院の求人を探せば、50代向けの薬剤師求人を見つけられるとはいえ、全体で見ればかなり少数となってしまいます。それで、あまりエリアを絞ることなく、いろいろな地域の大学病院で求人を出していないかをチェックしてみて、条件に合ったところを見つける必要があるでしょう。

50代向けの大学病院の薬剤師求人で見られる特徴は、管理業務を行う経験豊富な薬剤師が求められているということです。多くの場合、医師や看護師を始めとする様々なスタッフで構成されるチームで診察と治療を行いますが、薬剤師の中でもまとまったチームを組んで、調剤や投薬管理などの業務を行います。そこで、薬剤師のチームをまとめるチーフのような存在が必要になってきて、そのためには実務経験が豊富な50代の薬剤師が適任となるのです。それで、薬剤師求人の中でも、50代向けのものは、単に通常の業務を行うだけではなく、部下となる薬剤師をまとめてチームを取り仕切るという仕事を任せられることが多いのです。

チームリーダーとなるためには、高いレベルの専門知識が求められますし、みんなから信頼されるようなスキルが必要です。さらに、スタッフが一丸となって働けるように、一人一人の働きをしっかりと見守って、しっかりとしたリーダーシップを発揮できるようでなければなりません。そのため、人事担当者も、単に薬剤師としての能力があるというだけではなく、みんなをまとめられるような人柄やコミュニケーション能力を持っているかということもチェックします。

こうしたことから、転職活動を行う際には、自分の今までの職歴をまとめるだけでなく、チームを引っ張っていけるような資質を持っていることをアピールするように意識しましょう。自分の考えや思っていることを周りを気遣いながらもはっきりと言えるような態度を示す必要があります。また、面接の時も、受け答えをはっきりとして、コミュニケーションに優れているということを理解してもらうことも大事です。