大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 40代向けの大学病院の薬剤師求人

40代向けの大学病院の薬剤師求人

薬剤師は全体的に転職が多い業界ですが、40代になると転職の割合が減ってきます。やはり、企業や医療機関としても、体力があり自由に動ける30代までの薬剤師を優先的に採用しようとするからです。しかし、働く側から見ると、40代は転職の必要性が大きくなる時期でもあります。かなりの実務経験を積んで知識や処理能力が一番いい時期にさしかかっていますので、自分のスキルを最大限に発揮できるところを探したいという気持ちが強くなるからです。その一方で、体力面での衰えが出てくるため、激務でない仕事場を見つける必要性を感じるようになります。さらに、家族の必要も出てきて、家庭に当てるための時間を増やす必要が出てくる時期でもあります。中には、親の介護に取り組むという人も出てきて、様々な事情ゆえに転職を考えざるを得なくなることが多いのです。

このように、転職をしたいと考える人がまだまだ多い40代の薬剤師ですが、現実としては求人が少ないため、転職活動は少々厳しいものとなるでしょう。特に、大学病院からの薬剤師求人は30代をターゲットとしたものが多いので、40代になると応募することはできても、採用の可能性はぐっと下がってしまうことになります。それで、年齢に関わりなくしっかりとしたスキルと実務経験を持つ人を採用したいと考えている大学病院をじっくりと探す必要が出てきます。中には、40代歓迎という条件で求人を行っているところも見つけることができますので、もし条件に適った求人があったら、チャンスを逃すことなくすぐに応募するようにしましょう。

40代の大学病院での薬剤師は、雇用条件がかなり良いものとなっています。大学病院の雇用は公務員という形になりますので、年齢を重ねていること、勤続年数が長いことで給料がかなり高い水準になります。中途採用であっても、スキルを持つ40代の薬剤師であれば、大学病院で勤務を続けてきたのと同じ基準で給与水準が決められることも多いので、安定した収入が約束されることになります。

40代での大学病院への転職を考えているのであれば、福利厚生がしっかりしているところを選ぶようにしましょう。特に休暇制度が充実しているところを選ぶことによって、激務になりがちな業務を無理せず続けることができますし、家庭との両立を図ることも容易になります。一度転職を果たしたら、できるだけ長く同じ職場にいられるように、条件に適ったところを選んで転職することが重要です。